生命線を使用した俳句

生命線に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

生命線を含む俳句例

さくら貝透きて生命線の上/長田等

掌を開く生命線に雪誘ふ/河野南畦

生命線右手が細し春の虹/籏本春美

透かし見る生命線や冬篭/高木/潤

夕焚火生命線のまつかつか/大倉郁子

手に這はす蛍生命線が見ゆ/今瀬剛一

春耕や生命線に胼胝できて/村本畔秀

生命線超えて生きたり夏灯/村越化石

薯植うる泥の手太き生命線/亀井龍子

蛍火の生命線の上を這ふ/羽田さとし

万緑やみどり児の掌に生命線/都筑智子

去年今年少し濃くなる生命線/手塚玉泉

掌に受けし蛍火生命線照らす/福田蓼汀

生命線たどれば蟻の列に遭う/安達/昇

賞められし生命線と春惜む/後藤比奈夫

釈迦の掌の生命線に春ぼこり/吉水就子

小春日や間のびしてゐる生命線/高間礼子

生命線ゆるやかにあり夏の果/戸澤てしほ

生命線上に並べし持薬四月馬鹿/原田孵子

生命線長きを亀に鳴かれけり/鈴木真砂女

俳句例:21句目~

芥子の種子生命線を出たがらぬ/中戸川朝人

タイトルとURLをコピーしました