国道を使用した俳句

国道に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

国道を含む俳句例

国道の端のめくれて蟇/大石雄鬼

国道を猿のはしる初嵐/武村幸子

国道の一歩外側梅雨の暗/右城暮石

国道を無事横切りし稲車/甘中房恵

崖藤や国道往来仰ぐもの/野村喜舟

急雪の国道走る被覆の荷/津田清子

稲の花瀬音高まる千国道/中根多子

街中の須磨国道を稲車/五十嵐播水

さそり座へ消えし国道立葵/菅原鬨也

国道の普請出来たる夏野哉/正岡子規

国道を雁字搦めの初荷ゆく/井出和幸

国道二号冬長州に突き当る/白石不舎

芋の花咲くや国道真つ平ら/小川蘆哉

花遅しさびれし絹の千国道/桂樟蹊子

金雀枝や国道八号北上す/浅生圭佑子

国道の死者に線香犬ふぐり/百合山羽公

国道を竹曳いてゆく神の留守/岸野曜二

市に入る国道並木芽を吹きし/内田百間

海に沿ふ佐渡国道の花萱草/本間みつえ

蛇生れて国道に死す儀式かな/攝津幸彦

俳句例:21句目~

国道に狸轢かれてゐたりけり/瀧澤伊代次

国道の伸び来つつあり懸煙草/富岡掬池路

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました