股間を使用した俳句

股間に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

股間を含む俳句例

獣の股間の乳房秋暑かな/長谷川櫂

あぢさゐの暮色股間を重くせり/原裕

冬蝶を股間に物を思へる人/永田耕衣

天井や股間にぬくき羊水や/池田澄子

風花や牛の股間を猫とほる/清水美千

大根曳く股間や日本海青し/角田九十九

暗き聖夜犬の股間に子犬あまた/堀内薫

桃さくら股間にあそぶ煙かな/あざ蓉子

海をあがる股間一滴の夜光虫/三橋敏雄

老いぬれば股間も宙や秋の暮/永田耕衣

陽炎やふるき股間の遊び居る/永田耕衣

雪国のきれいな股間思ひ寝る/矢島渚男

どんみりと浮苗挿しの股間かな/綾部仁喜

イエズスにユダ秋風は股間すぎ/長谷川双

放哉忌股間にひとつ蝶生まれ/河原枇杷男

早乙女の股間もみどり透きとほる/森澄雄

海髪採りの老の股間のしづかなる/原田喬

股間より若きかぜ起きて春闘へ/鷹島牧二

黒猫や股間を抜けて愉しかり/宇多喜代子

なまはげの股間を猫の通りけり/鳥居真里子

俳句例:21句目~

冬うららキリンの股間見ていたる/川口一郎

タイトルとURLをコピーしました