火縄を使用した俳句

火縄に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火縄を含む俳句例

暖や火縄擲つ昼戻り/石島雉子郎

火縄ふる影朧なり削りかけ/風枝

麦蒔の火縄に寒きけむり哉/九湖

全身に縄を鎧ひて火縄売/伊藤昌子

円山の暗きに一人火縄売/谷口八星

岩角や火縄すり消す苔の花/炭太祇

万亭の塀に並びて火縄売/佐々木紅春

山の神狼たりし日の火縄/宮下恵美子

旅立の東風に吹する火縄かな/炭太祇

雲雀鳴く野辺や火繩の燃え退り/風斤

友船に火縄の合図鯖を追ふ/小原菁々子

火縄振り闇のをどるは声はずみ/桂樟蹊子

羽子板や勘平火縄ふりかざし/水原秋櫻子

鳥居出てにはかに暗し火縄振る/日野草城

くらがりに火縄売る子の声幼な/大橋越央子

ことごとく火縄となれり雁の列/高野ムツオ

火縄振り四条まつすぐ来て明くる/桂樟蹊子

お白朮の火消ゆる火縄をまはさねば/松井亀羅

火縄の火のごとく河童忌来たりけり/友岡子郷

闇の涼しさ手さぐりたしかに火縄つめる/加藤知世子

俳句例:21句目~

おけら火縄おしみて消さぬわがおとめ汝が魂をはげしく燃やせ/中野照子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました