日本海を使用した俳句

日本海に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

日本海を含む俳句例

秋高く日本海に足浸す/森松清

浦々に檀特の花日本海/森澄雄

冬涛に日本海の底力/藤浦昭代

角巻や駅の端から日本海/杉良介

隼に日本海の朝日かな/正岡子規

晩秋の日本海暗夜は碧/金子兜太

凩の北に國なし日本海/正岡子規

長葱の日本海学箸の先/折笠美秋

千鳥吹く日本海の嵐哉/正岡子規

鱈汁や終日黒き日本海/比田誠子

蓬莱や三方に見て日本海/辻桃子

雪囲う肴町過ぎ日本海/石川/幸

鰤季の波の瞠く日本海/堀口星眠

舟虫の猜ひ深き日本海/山口誓子

老鴬や日本海は雲の下/岩嶋徳子

鯨突く日本海の舟小し/正岡子規

短日や土壁色に日本海/矢島渚男

冬濤の白きたてがみ日本海/林徹

日本海沖の高さや鳥帰る/済賀得二

鳥雲に入るここよりは日本海/耕二

俳句例:21句目~

甘藷畑の崖下に紺日本海/茨木和生

玉手箱開けば雪の日本海/三好潤子

猫車灼けをり日本海無韻/行方克巳

日本海色に秋来て浮鴎/中戸川朝人

春外套ひらく水平の日本海/岸田稚

流燈の行手の闇は日本海/山崎寥村

日本海荒れて安宅の神渡し/梅田男

風岬くらし夕焼の日本海/巌谷小波

日本海けふ力抜く四温かな/辻桃子

風垣に昼顔の花日本海/冨田みのる

頂上や秋凪見せて日本海/河野南畦

流木に草の花咲き日本海/池上樵人

日本海つひに夏蝶見失ふ/日美清史

一巌と一鳥冬の日本海/深見けん二

三尺寝日本海に足向けて/川崎代二

雪晴の日本海の蒼さ見よ/大橋敦子

雪折の松の真青に日本海/児玉南草

冬涛の億年倦まず日本海/石山雅之

雪吊に雪見ず青き日本海/松本夢渓

千鳥吹く日本海の廣さ哉/正岡子規

俳句例:41句目~

水仙や感じ易くて日本海/茨木和生

角巻や沖ただ暗き日本海/米谷静二

日本海防風林の松枯病/相原左義長

橙に飛沫とびくる日本海/小関芳江

藪巻や晴を見にゆく日本海/森澄雄

水貝や星美しき日本海/福川ふみ子

夏潮に日本海の暗さなし/山田弘子

苺つぶす舌を平に日本海/古館曹人

花嫁にけふ寒晴の日本海/比田誠子

北の窓日本海を塞ぎけり/正岡子規

膨らんで来る春祭日本海/折井紀衣

雲海やただ白描の日本海/橋本鶏二

宿裏はすぐ秋風の日本海/大橋敦子

雪囲除れし仏間に日本海/木村蕪城

秋の夜の車窓といへば日本海/林桂

十月を風が送るや日本海/榎本好宏

寒雷のとどめを日本海の上/松崎幹

白の子に日本海野菊咲き/古舘曹人

麦笛を吹くには暗し日本海/秋沢猛

根こそぎの夏草流れ日本海/下田稔

俳句例:61句目~

榾の火や風あり暗き日本海/中村苑子

水鳥翔つ十三湖の上に日本海/神蔵器

海の家二つこっきり日本海/高澤良一

海境の闇透けば冬日本海/千代田葛彦

涅槃図のそとは驟雨の日本海/原田喬

猟夫行く日本海の磯づたひ/菖蒲あや

しぐるるや芥ふちどり日本海/岸田稚

生身魂雨脚ながき日本海/大峯あきら

盆霞して日本海波やすみ/上田五千石

秋天を支ふものなき日本海/澄月黎明

空の雪あかるき方や日本海/長谷川櫂

籾殻のひとり燃えゐて日本海/神蔵器

背戸の外は日本海の波寒し/正岡子規

ものかげの永き授乳や日本海/沢好摩

背戸寒く日本海に向ひけり/正岡子規

オルガンの黒に粉雪日本海/伊丹公子

花芒別るゝや日本海はあり/清水基吉

荒寥と海猫群れ雪の日本海/伊東宏晃

菜の花の沖は紺碧日本海/塚田恵美子

蓮如忌や濤が波噛む日本海/飯田和子

俳句例:81句目~

傘の中帰雁ゆたかに日本海/古舘曹人

入波や栃の実を投げ日本海/榎本好宏

冬の虹消えて残りし日本海/菖蒲あや

冬耕の顔おこすたび日本海/吉田鴻司

冬萌やわが行く方に日本海/平沢陽子

冬虹の脚まだ立てり日本海/京極杜藻

冴返る虹いくたびも日本海/黒田杏子

蓮如忌や絵伝の日本海青し/三浦葵水

初糶の背に暁光の日本海/海野ふさ子

虹はいま片足あげよ日本海/夏石番矢

口中に無花果けぶる日本海/佐藤七重

蟹の脚強烈に折り日本海/小檜山繁子

向日葵の後は暗らき日本海/斎藤耕心

貝交みゐて油断なき日本海/松山足羽

逃水の逃げ果せけり日本海/熊谷静石

夏料理日本海のものばかり/村中聖火

雪雲に色を変へつつ日本海/稲畑汀子

風ぐせの黍に傾く日本海/石井ながし

外套を車窓に吊つて日本海/藺草慶子

大夕立日本海を馳せ来たる/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました