鍼を使用した俳句

鍼に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鍼を含む俳句例

とも寝して鍼立寒し恋の丸/秋色

極月の西の橋詰鍼どころ/古舘曹人

釣針も鍼も供へて針千本/稲元稲月

鍼口に風のしみけり年のくれ/許六

鍼灸の外で鶯啼いてをり/鈴木鷹夫

一泳ぎせり鍼灸の待ち時間/茨木和生

月光の鍼ぴしぴしと冬木立/吉田朔夏

神農の虎と酔ひゆく鍼灸師/羽田岳水

良き馬に鍼一ッすや寒の入/石井露月

伯楽が鍼に血を見る冬野かな/黒柳召波

封を切る鍼の手触り初仕事/木村日出仲

楽しくもあるかな日永按摩鍼/尾崎紅葉

鍼もする僧が調度や榾埃/菅原師竹句集

鍼打つや秋の簾を日はこぼれ/三島広志

鍼灸の背にけぶらす余寒かな/浅野総子

橋の灯の水に鍼なす余寒かな/千代田葛彦

生海鼠にも鍼こころむる書生哉/與謝蕪村

身に打ちて鍼をたのみの秋ひでり/吉村正

鈴虫を鳴かせてをんな鍼師住む/前山松花

鍼按の眼のみひらけぬ浴衣かな/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

鍼按のさげすむとなきこころいき/飯田蛇笏

陽を得て睦めよ鍼医の杖と葱坊主/磯貝碧蹄館

タイトルとURLをコピーしました