白光を使用した俳句

白光に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

白光を含む俳句例

白光の秋白皙の痩羅漢/原裕

白光す夜の城壁木々芽ぶく/原裕

白雲の中白光の一雪嶺/岡田日郎

花の昼白光放つ骨拾ふ/内藤吐天

早梅の白光色の戦火あり/対馬康子

白光の一筋通ひ去年今年/平井照敏

白光の天上天下那智の滝/成田千空

昼吸ひし白光を吐き夕牡丹/山口青邨

白光はのべし首より白鳥来/井沢正江

白光を蕊に灯して梅昏れぬ/加藤耕子

竹育つ白光の径五月雨/長谷川かな女

紅葉谿白光曳けりひとつ蝶/石塚友二

藤房の白光放ちつつこぼる/河本好恵

遠吠えの牙の白光蕎麦の花/和田悟朗

ひなあそび十津川渓谷白光塵/夏石番矢

夕顔は白光仏におはすかや/上川井梨葉

白光のかの蓬まで行かば死す/永田耕衣

白光の湯冷めをそそる秋蛍/殿村菟絲子

雪原の白光月光を以つて消す/岡田日郎

露白光インコの会議熱しつつ/堀口星眠

俳句例:21句目~

白光のレールを月に向はしむ/上田五千石

ちゝはゝとまた呼ぶを得し露白光/杉山岳陽

人の踏む月より更にはるかにて白光浄く鷲座アルファ星/山田あさ

タイトルとURLをコピーしました