暦日を使用した俳句

暦日に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

暦日を含む俳句例

暦日もなき山中や鶏合/和気魯石

万両や暦日めぐること速し/風三楼

初霜の降りて暦日過たず/浜渦美好

暦日を詰め蒼白の新日記/楠本憲吉

朴落葉山の暦日重ねけり/高澤良一

凍窯の罅に暦日ありにけり/松本圭二

初暦日曜の日をしらべける/正岡子規

山に来て暦日先んず夜の秋/福田蓼汀

山中に暦日ありて蝌蚪生る/遠藤梧逸

暦日や揺さぶりみても枯芭蕉/安住敦

蟻地獄在り山中の暦日に/松本たかし

冬木することの暦日創りけり/栗生純夫

暦日や鵜の糞白きめくら岩/磯貝碧蹄館

真珠揚げの日を朱々と初暦/日高ひろし

首飾りわが暦日は汚れたり/津沢マサ子

ごまめ喰ふ暦日めぐり来て迅し/角川春樹

古暦日々の消えゆくたしかさに/井沢正江

山葵の芽砂に暦日ありやなしや/川端茅舎

暦日の朝はあらたに万年青の実/飯田蛇笏

野火ふえて沼の暦日俄かなる/石井とし夫

俳句例:21句目~

暦日やみづから堕ちて向日葵黄/鈴木しづ子

蝸牛喪の暦日は過ぎ易し/安住敦「歴日抄」

麦の芽や地の暦日のいつはらず/長谷川素逝

タイトルとURLをコピーしました