寡婦を使用した俳句

寡婦に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

寡婦を含む俳句例

欺かれ冬天あまり青く寡婦/三谷昭

寡婦ふたり歩む吉野の春鴉/桂信子

寡婦ふたリ歩む吉野の春鴉/桂信子

花仰ぐ引揚寡婦と少年と/岸風三樓

渦笑窪消え水鏡寡婦に冴ゆ/香西照雄

早春の波寄せ濱に寡婦溢る/藤後左右

寡婦一人住む庭広し花石榴/平田縫子

寡婦の膳時々は飛ぶ冬の蝿/倫アツコ

羅のうしろ鏡も既に寡婦/殿村菟絲子

七夕の竹早々と若き寡婦/阿部みどり女

戦時寡婦一途に生きて冬薔薇/玉城倭児

寡婦に馴れ大阪に馴れ寒夕焼/久松久子

生身魂寡婦となる身の親不孝/鈴木須美枝

地の涯の秋風に寡婦よろけ立つ/片山桃史

夜よりも昼のはかなき梅雨の寡婦/桂信子

肥かつぐ寡婦に東嶺の月黄なり/飯田蛇笏

朝露の無花果を食ふ寡婦となり/中山純子

日雇寡婦荷こぼれ鯵を得て輝く/岩田昌寿

寡婦貧し子等を裸にして濯ぐ/吉良比呂武

若からぬ寡婦となりつつ毛糸編む/桂信子

俳句例:21句目~

寡婦の指四五枚の紙幣を預金せり/片山桃史

寡婦ひとり入るる青蚊帳ひくく垂れ/桂信子

寡婦われに起ちても臥ても鶏頭燃ゆ/桂信子

大でで虫棲みつき寡婦の日々寧し/村上光子

戦死者の寡婦にあらざるはさびし/藤木清子

火事明り寡婦ごくごくと水を飲む/寺山修司

寡婦となる仏灯さむく継ぎたして/岸風三楼

寡婦一人殖して梅雨の暗きかな/秋山佳奈子

寡婦にまで税務呼び出し二月かな/上田幸子

花冷えに発つ数日の寡婦をおき/鳥居おさむ

寡婦の寡を字引見て書く釣りしのぶ/関芳子

菊植ゑてゴルフ寡婦なる日曜日/岩城のり子

落花生寡婦という殻付きまとう/真崎シヅ子

青葉木菟汝を何時寡婦たらしめむ/小林康治

倶に寡婦修二会の火の粉喜々と浴び/我妻草豊

寡婦若しうすばかげろふの翅撮む/梅原与惣次

ひぐらしに寡婦むらさきの着物縫ふ/藤木清子

寡婦ふたり鍋焼うどんに舌焼きて/東郷喜久子

寡婦となり菊の好日めぐり来ぬ/阿部みどり女

手足先に老いて農寡婦裸たくまし/加藤知世子

俳句例:41句目~

寡婦となり俄かに老けぬ黍の秋/阿部みどり女

寡婦さびしむけば香走る青みかん/鈴木真砂女

寡婦いでて提灯つれり秋まつり/久保田万太郎

栗咲く香にまみれて寡婦の寝ねがたし/桂信子

寡婦哀しあさがほを蒔き萩を植ゑ/久保田万太郎

聖書読む寡婦ジンジャーの香の中に/中屋敷/晴子

密雲すべるミユージツクサイレンと寡婦の上/阿部完市

タイトルとURLをコピーしました