神殿を使用した俳句

神殿に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神殿を含む俳句例

宮島の神殿走る男鹿哉/正岡子規

神殿に一礼深き草取女/小島左京

神殿の列柱残る冬青空/毛塚静枝

神殿や鶯走るとゆの中/正岡子規

物もなき神殿寒し大太鼓/正岡子規

神殿に遺る列柱寒の月/片山由美子

黒神殿御燈奥へ奥へ涼し/石川桂郎

人も来ず神殿古りて雀の巣/正岡子規

奇蹟とや夕立虹立つ神殿址/桂樟蹊子

宮嶋の神殿はしる小鹿かな/正岡子規

神殿に白布懸りてゐて久し/西口昌伸

神殿に風立ち初めぬ春夕べ/高木晴子

神殿の奥にて鳴ける初蛙/福田甲子雄

神殿や鏡に向かふ鹿のふり/正岡子規

蟹走る神殿羯鼓打つ音に/伊藤いと子

切炬燵波郷いよいよ酒の神/殿村菟絲子

神殿に不意の床鳴り神の留守/間島律水

神殿に明るき一葉降りにけり/中川宋淵

神殿の具足飾りも初卯かな/高畠明皎々

神殿の御格子おろすもみち哉/正岡子規

俳句例:21句目~

神殿も御簾巻きあげる踏鞴祭/村上冬燕

陽炎はささめきのやう神殿阯/仙田洋子

逃げよ母かの神殿の加留多取り/安井浩司

神殿のうしろ桃の実落ちにけり/ふけとしこ

タイトルとURLをコピーしました