喧しを使用した俳句

喧しに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

喧しを含む俳句例

印刷機の既に喧し事務始/日野草城

印字機の既に喧し事務始/日野草城

喧噪の中蚕豆の皿来たり/後藤眞吉

喧噪の町中に川氷りそむ/相馬遷子

喧騒の副都心とて風光る/久留和子

朝蝉の頭越しなる喧し屋/高澤良一

稲雀追ふ人もなく喧しき/高濱虚子

喧噪の街に生まれて烏の子/杉原昌子

枯野に出てなほ喧しき女学生/桂信子

喧雀に日永の家居疲れたり/金尾梅の門

春山や空寺喧雀暮れかねて/大須賀乙字

虫売の荷を下ろすとき喧しき/高濱虚子

鳥占いの老人沈ませ喧噪河岸/伊丹公子

咲き闌けて寒喧きそふ野梅かな/西島麦南

喧し屋鵙が四の五の云うてをり/高澤良一

喧噪の今朝はなつかし巣立鳥/長尾ユミヨ

月入りて曼珠沙華もつとも喧し/内藤吐天

衰顔の匂はしからむ負喧かな/相生垣瓜人

負喧をも負心をも亦重ねけり/相生垣瓜人

南風吹き入れこの喧騒もまた若き/香西照雄

俳句例:21句目~

異国語ばかりの軽い喧噪羽田の秋/伊丹公子

鉄工場の喧しくてしょうがない淋しさ/門田泰彦

ジョクジャカルタのもの煮る匂い黄の喧騒/伊丹公子

タイトルとURLをコピーしました