戒名を使用した俳句

戒名に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

戒名を含む俳句例

俳名即ち戒名お白酒/黒田杏子

戒名の一字一音春の霜/小島良子

魂棚に戒名長し長寿村/大熊輝一

戒名の文字をうかがふ羽抜鶏/原裕

先生に戒名はなし鳥雲に/江口千樹

うつくしき母の戒名菊膾/富士原友

戒名の墨うすれゆく新樹光/林房枝

戒名を忘れてしまひ迎鐘/佐藤康典

一口香みじかき戒名考える/穴井太

戒名のみな美しき盆供養/外川玲子

俗名と戒名睦む小春かな/中村苑子

燈籠の戒名習ふ子供かな/正岡子規

たのまれて戒名選む鶏頭哉/夏目漱石

一経木に一戒名のにじむ秋/吉原縫子

戒名の一字に執し田螺和/吉本伊智朗

戒名の筆跡の美さ雪や来る/渡邊水巴

戒名を思ひだしたる紫蘇畑/柿本多映

畜生に戒名はなし夏花供げ/富安風生

良き文字の戒名を得て春星に/豊田晃

誦し馴れし母の戒名十三夜/山田弘子

俳句例:21句目~

あふひ上ぐ戒名わかぬ古位牌/松藤夏山

冷まじや戒名に皆刃の文字/浜本美重子

土ねずみゐる戒名に大西日/小島千架子

戒名で呼ばれてをりし朧かな/齋藤愼爾

戒名を背負ひ盆供の舟燃ゆる/橋村幸代

義士の日や殿の戒名十五文字/西内千里

ははも父も雪の戒名もて眠る/山本つぼみ

展墓して吾が戒名の親しめず/西堀鵲桜子

戒名は真砂女でよろし紫木蓮/鈴木真砂女

戒名をつけてやらねば雀の子/佐々木六戈

晩霞どこかで戒名を売つてゐる/柴勇起男

梅ひらく師の戒名を唱ふれば/伊原恵美子

「戒名は真砂女でよろし」風車/鈴木鷹夫

師の戒名うつろに見たり菊の墓/柴田白葉女

元日や「積善院夢道居士」生き戒名/橋本夢道

戒名のおぼえやすきも寒さかな/久保田万太郎

戒名をことづかりたる夜寒かな/久保田万太郎

戒名は「雄魂」亡き子の破魔矢受く/香西照雄

田終ひのけむたさにいふわが戒名/吉本伊智朗

タイトルとURLをコピーしました