海岸を使用した俳句

海岸に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

海岸を含む俳句例

海岸は繋がっている桜貝/大西恵

耳海岸ここ番外地桜貝/馬場駿吉

一体に海岸ぷちの花早し/高澤良一

我を待つ雲の黄金海岸か/夏石番矢

湘南の海岸の照る椿かな/山内星水

風あり海岸の桜照つてる/北原白秋

はまなすや白兎海岸兎波/赤坂八重子

ココヤシも葉山海岸漂着物/高澤良一

海岸の日暮の黄金春彼岸/佐久間梅峰

海岸日傘中年男ひとりをり/草間時彦

冬凪の海岸の家の若き人の死/喜谷六花

冬凪の海岸道路出来つゝあり/高濱年尾

旅をして陸中海岸海鞘どころ/高澤良一

松の間に遠き干潟や海岸寺/大喜多柏葉

海の日の庭に海岸つくりけり/落合水尾

海岸に大廻りしぬ三の酉/長谷川かな女

海岸寺教へられ居る遍路かな/野村泊月

朝ぐもり海岸日傘ひとつ開く/相生垣瓜人

海岸寺松よりつづく干潟かな/山本砂風楼

牡蠣置けばかがやくリアス式海岸/櫂未知子

俳句例:21句目~

残暑の汽車のすいてをる海岸になる/喜谷六花

夕凪の海岸道路出来つゝあり/高浜年尾「年尾句集」

ももいろの光は空に海に溶け白兎海岸夕ぐれんとす/石川不二子

タイトルとURLをコピーしました