田遊びを使用した俳句

田遊びに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

田遊びを含む俳句例

田遊の太鼓大地に打込めり/関森勝夫

田遊の神の子となる腕白児/関森勝夫

田遊びの火屑を浴びて妊り女/松浦釉

田遊びの面ちかぢか笑ひけり/岸田稚

ふんばつていざ田遊の牛となり/岸田稚

田遊に野良焼けの顔揃ひけり/関森勝夫

田遊の安女よろよろ出て擁かる/岸田稚

田あそびへ夜の靄降らす大欅/宮津昭彦

囃されて田遊びの牛つんのめる/大津恵子

田遊の太き男根に熟れ黄金の穂/巌谷小波

田遊びの宮とし古りぬ椿の実/松村てるや

田遊びの宮のぐるりの春めく灯/大熊輝一

田遊びの早乙女姿あくびして/工藤眞智子

田あそびや鶏鳴のぼる笛の間/飯塚樹美子

産土神に焚く田遊びのはじめの火/佐野美智

田遊の田となる太鼓打ちにけり/伊藤伊那男

田遊びに終のどんどの大火の粉/伊藤いと子

田遊びのあめのうずめのひろびたひ/松澤昭

田遊びや星のかぎりも招ばれ出て/荒井正隆

田あそびの仕度の障子見えて待つ/宮津昭彦

俳句例:21句目~

いちにちは越の田遊びあめんぼう/松田ひろむ

田遊びの田主ドン/キホーテの貌/成瀬櫻桃子

田遊びの稚児に寝られてしまひけり/椎名書子

穂に出よと田遊びの嬰をさしあぐる/佐野美智

ぬかるみへ田あそびの夜の闇やさし/宮津昭彦

田遊びを見終へし世阿弥うなづけり/成瀬櫻桃子

タイトルとURLをコピーしました