かかあを使用した俳句

かかあに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

かかあを含む俳句例

穴子漁船待ち顔の嬶衆/高澤良一

かか思ひ菜摘水汲真木割けり/沾葉

世ぞ今宵かゝがむか腹宿の月/露浩

婆嬶の笑ふが如し啼く蛙/会津八一

桑解かれ嬶天下の群馬県/北野民夫

行水の盥に嬶が腹あます/巌谷小波

鯨裂く嬶も鴉も地声にて/茨木和生

豊年踊り地口も嬶腹満作と/高澤良一

飯あふぐ嬶が馳走や夕涼み/松尾芭蕉

鮎を煮て鮎屋の嬶座暦かな/加藤耕子

夜庭唄嬶よ乳でも揉ませろと/茨木和生

山宿の嬶座明るしやまめ焼く/白井新一

炉火欲しや暗き嬶座の柱負ふ/石川桂郎

神を呼び嬶さを呼べり里神楽/西本一都

素っ気なき飯屋のお嬶御神渡/千曲山人

雪掻にうつて出るなりお嬶衆/平畑静塔

子烏のうろうろととをかかあかな/一茶

嬶天下は母かぎり妻胡麻を刈る/大熊輝一

炉の上を嬶座とのぞく嫁が君/秋元不死男

酢牡蠣塩梅実家の嬶座の代変り/菊池志乃

俳句例:21句目~

鍋吊つて合掌作りの炉の嬶座/片桐てい女

雪囲解き嬶座明るくなりにけり/宮田静江

かまくらや今日は嬶座のわらべたち/堤京子

急須/ペン炬燵の嬶座常に混む/平井さち子

タイトルとURLをコピーしました