狩の宿を使用した俳句

狩の宿に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

狩の宿を含む俳句例

梁や手拭薄き狩の宿/藤木倶子

その昔蒙昧宿や狩の宿/辻桃子

狩の宿階下激しき口喧嘩/辻桃子

新しき顔も一二や狩の宿/菅直桑

剥製の熊の銃きず狩の宿/後冨美恵

狩小屋の夜明なりけり犬の鈴/一茶

ふる雪に犬も退屈狩の宿/三好雷風

熊を貼り猪を敷き狩の宿/若井菊生

狩宿の炬燵や足の混みあへる/辻桃子

狩宿の階段ころげ落ちしひと/辻桃子

蒲団まで凍てし固さの狩の宿/檜紀代

銃箪笥てふ古きもの狩の宿/依田秋葭

五六戸の狩宿かゝへ山眠る/鈴間斗史

階段が土間へすとんと狩の宿/見学玄

鷹匠の系図を蔵し狩の宿/島谷王土星

山の端の星の大粒狩の宿/戸口千枝子

明日の山月に峙つ狩の宿/米沢吾亦紅

熊穴を出るころ忙し狩の宿/石井国夫

狩の宿一番鶏の鳴きにけり/松藤夏山

狩の宿夫と来て雪匂ひつつ/小池文子

俳句例:21句目~

狩の宿眇の老が帳場守る/白石よしを

あかつきの灯を煌々と狩の宿/力石郷水

あす越ゆる天城山あり狩の宿/福田蓼汀

ともしびのこんなに暗し狩の宿/辻桃子

子供たち眠れる狩の宿を出づ/松藤夏山

火の山の闇深かりし狩の宿/蓮尾美代子

雪掘れば焚く榾ありぬ狩の宿/田村了咲

狩宿の猪さばき場といふ流れ/村上杏史

前山に棲み古る木だま狩の宿/米沢吾亦紅

狩の宿月をさへぎるものもなし/田村木国

手配書の写真が貼られ狩の宿/高須のぶを

狩の宿よき月を見て寝たりけり/田村木国

身につけしものみな干さる狩の宿/佐藤健

馬飛ばしかへり来し娘や狩の宿/田村了咲

けつまずくものの多かりし狩の宿/伊藤白潮

狩の宿オロチヨンの子はもの言はず/田村了咲

タイトルとURLをコピーしました