胎の子を使用した俳句

胎の子に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

胎の子を含む俳句例

胎の子に母は風音母に秋/池田澄子

胎の子の丸み豊かや初鏡/中村純代

連翹の黄に触れ胎の子が動く/樟豊

胎の子の名前あれこれ苺食ぶ/西宮舞

妻眠り胎の子めざめゐる良夜/小川軽舟

胎の子に話しかけをり白牡丹/内山えみ

胎の子のために見ておく寒昴/遠山陽子

胎の子が動くと見合ひゐる鹿か/亀井糸游

胎の子が逆さにねむり大暑なる/中山純子

胎の子と一つ呼吸に端居せる/上田日差子

胎の子と寝足りし手足わらび山/中山純子

胎の子にはるかな雪の没日さす/飯田龍太

胎の子に噴水の楽聴かせやる/上田日差子

胎の子のしきりに動く瀧しぶき/名取里美

胎の子もすこやかといふ初電話/松村多美

胎の子を先だててゆく青茅の輪/横山椒子

雪踏めば胎の子も聞く雪の声/佐藤美恵子

寝て秋夜胎の子に妻呟くか/赤城さかえ句集

汗の子と胎の子とわが三十路なり/市川千晶

胎の子に手を置く土偶あたたかし/林ゐづ子

俳句例:21句目~

胎の子のかたちに寝まる花月夜/三田きえ子

胎の子の消えてしまひし菜種梅雨/柚木紀子

胎の子にいのち吸はるゝきりぎりす/名取里美

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました