残照を使用した俳句

残照に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

残照を含む俳句例

石垣の残照淡し冬苺/後藤郁子

泡立草昏睡の母に残照/榎本愛子

残照の紅葉一天裏石廊/古舘曹人

残照に頂染めて山眠る/柳下孤村

蕪村忌や残照亭に灯の用意/三幹竹

鶺鴒の瀬に残照の眼鏡橋/広瀬釣仙

一山の芒残照ゆらしけり/稲畑汀子

三伏の残照の川なに跳ねし/飴山實

冬ざれの石の残照声届く/高澤晶子

卓の柿沼の残照より赤し/大野林火

残照の上の機内の秋の暮/野澤節子

藻の花に大残照の波起る/上井正司

残照や歩まねば吾も一冬木/岡本眸

束の間の残照水に柳散る/西山泊雲

残照を恨める軒の簾越し/高澤良一

秋薊磯の残照あな淡し/水原秋桜子

穂芒が残照あつむ母菩薩/伊藤敬子

月上るあたりの雲や残照に/島田青峰

月出でてなほ残照の前穂高/手島靖一

枯蔦に山の残照近づけり/米沢吾亦紅

俳句例:21句目~

残照が斑となる春の椨の森/佐川広治

氷上も風も残照ばかりなり/渡邊水巴

浴衣着て妻に残照ある如し/細川加賀

残照の海見ゆるところ林檎熟る/欣一

残雪の富士に残照引く裾野/稲畑汀子

残照の松原遠き余寒かな/金尾梅の門

鵜舟待つ残照の膝忘れをり/石川桂郎

鶴唳のこだま返しの残照に/山田弘子

ひぐらしに樹々の残照ながかりき/信子

郭公や残照牧を這ひのぼる/上田五千石

比良山の残照ながし濁り鮒/服部美矢子

夜の富士に残照寒く照りもしつ/渡邊水巴

残照が痒いヨットの帆をたたむ/河合凱夫

残照に双手をついて花野かな/鳥居おさむ

残照のいづこの野水鴨のこゑ/百合山羽公

残照の引く中鯔でも見にゆかん/高澤良一

鬼灯二つ食べてしまつた残照か/栗林千津

ゴーストタウンすぐ残照の片時雨/入江勉人

残照のきらめきとなり鴨消えぬ/米沢吾亦紅

綿虫も残照も消ゆかりそめとは/成瀬桜桃子

俳句例:41句目~

茅の輪組む指に残照からめつつ/岡部名保子

残照といへど寒凪の起重機にのみ/米沢吾亦紅

俳句作品例
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました