季語/九年母(くねんぼ)を使った俳句

「九年母」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「九年母」について

【表記】九年母

【読み方】くねんぼ

【ローマ字読み】kunembo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・香橙(こうとう:koto)

・乳柑(にゅうかん:nyukan)

・くねぶ(くねぶ:kunebu)

季節による分類

・「く」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

九年母を含む俳句例

九年母の黄に好もしき見越かな/芹水

九年母や土傷つくる馬の蹄/山口誓子

九年母や映画半券ポケットに/小平湖

九年母を入れて匂へり旅鞄/矢田邦子

九年母を畑垣とせり風の島/荒井正隆

九年母のその根にの煮汁かな/星野紗一

九年母のたわわな頃や登校道/佐藤紅緑

九年母の北限あたりかと思ふ/古舘曹人

九年母の枝の重たき閻魔堂/豊田八重子

九年母や沼へ坂なす我孫子町/横手艸雨

時じくの九年母の実や辺戸岬/沢木欣一

芭蕉織る庭に九年母実らせて/村山澄子

九年母に日の当りをり能の家/大東二三枝

九年母や奇蹟は妻の上にこそ/磯貝碧蹄館

九年母や美男におはす布袋尊/澤石たま子

九年母を呉れるに多く咳おとす/萩原麦草

報恩講来る九年母の熟れにけり/中本柑風

九年母や三日の座禅会終りたる/善積ひろし

九年母や吾孫子の駅のたそがれて/石田波郷

九年母や大家族制に富士立てり/殿村菟絲子

俳句例:21句目~

九年母や我孫子も雪となりにけり/石田波郷

九年母を丸ごと喰めば海まぶし/前田貴美子

九年母のむかしの春になくけふぞ/日夏耿之介

九年母や死者は訪はるるばかりにて/石田勝彦

五十にて九年母みたり母こほしく/日夏耿之介

母は食ひ得ず死にし九年母わが食ふ/杉山岳陽

雨はじく九年母もぎてきたりけり/八木林之助

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ