季語/狐火(きつねび)を使った俳句

「狐火」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「狐火」について

【表記】狐火

【読み方】きつねび

【ローマ字読み】kitsunebi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「き」で始まる冬の季語

・「冬の地理」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

狐火を含む俳句例

狐火やいづこ河内の麦畠/蕪村

狐火や大河に近き廓跡/老川敏彦

狐火の消えて蒟蒻畑かな/堤文子

狐火や家一軒と田二枚/大峯あきら

狐火や狐の顔の皆違ふ/佐々木六戈

狐火や牧場に残る原始林/今本祥予

狐火や沼に向ひて家一つ/丹羽玄子

狐火の出る確率を計算す/桑原三郎

黒姫へ狐火と燃ゆ日の芒/永井龍男

狐火や一滴もなき大硯/大峯あきら

宵暗や狐火に寄る虫の声/水田正秀

狐火の燃えゐて遠野物語/成瀬正俊

鳴ながら狐火ともす寒かな/炭太祇

狐火か鬼燈に入る初夜の空耳/林桂

狐火なり痛烈に糞が臭う/金子兜太

狐火を信じ男を信ぜざる/富安風生

狐火の燃へつくばかり枯尾花/蕪村

狐火の燃えつくばかり枯尾花/蕪村

狐火に長門の寺の大襖/大峯あきら

狐火や髑髏に雨のたまる夜に/蕪村

俳句例:21句目~

狐火の出てゐる宿の女かな/高浜虚子

狐火の峠越えねば帰られず/川口利夫

狐火や二つに岐れ一運河/加倉井秋を

狐火やしんと越野の遠列車/斎藤由美

提灯の王子狐火おごそかに/阿部朝子

星あをく恋の狐火走りけり/堀口星眠

狐火も交るや山の仏の灯/伊藤てい子

釣干菜夜々の狐火誘ふかな/野村喜舟

泣き声は狐火となる夜の村/大井雅人

狐火や老いて声よき子守唄/山本洋子

狐火の渡りし川の細りけり/大石悦子

狐火といふ鏡には映らぬ火/今瀬剛一

狐火と思へばこころもち青し/林菊枝

相討の深傷にて這ふ狐火へ/熊谷愛子

狐火や玉子厚焼きなるがよし/石嶌岳

狐火見し純白の夜を妊れり/齋藤愼爾

狐火を見て命日を遊びけり/黒田杏子

狐火を見てより遂に迷ひけり/星野椿

狐火を自在に繰りて陰陽師/筑紫磐井

狐火や武蔵の水のむらさきに/東早苗

俳句例:41句目~

狐火や戸毎に老を抱へつつ/平賀扶人

狐火も親しきものと山住ひ/西沢破風

一見に如かず王子の狐火へ/大庭紫逢

狐火や山のうしろに山坐り/近藤昶子

狐火をみて命日を遊びけり/黒田杏子

狐火や鯖街道は京を指す/加藤三七子

狐火を伝へ北越雪譜かな/阿波野青畝

狐火や山だよりして二三日/田中裕明

狐火の中うつくしき狐ゆく/塩尻青茄

狐火や風雨の芒はしりゐる/杉田久女

狐火のしらけて過ぐや蕎麦の花/荒雀

狐火や阿蘇の草塚傾ぎ合ひ/富永小谷

狐火や蕪村の恋もとはの闇/矢島渚男

狐火や産土神の闇いよゝ濃き/島野汐陽

狐火や真赤な紐の落ちてゐて/藺草慶子

狐火や闇の溜りし沼ほとり/石井とし夫

狐火を見しとふ貨車の車掌かな/有働亨

狐火を見て来しといふ若き杣/萩原麦草

狐火を見に出でて子の立睡り/松村蒼石

ランボオを五行翳らせ狐火や/齋藤愼爾

俳句例:61句目~

狐火消ゆ金の狐をしたがへて/齋藤愼爾

狐火見て梅雨の枕の青臭し/殿村莵絲子

伏見港失せて狐火絶えにけり/大島民郎

矍鑠と老い狐火を語りぐさ/猪股千代子

芋銭の碑夜は狐火と踊らむか/久保羯鼓

道逸れてゆきしは恋の狐火か/大野崇文

夫と見し狐火の闇戦後の闇/紅露ゆき子

きつね火や五助新田の麥の雨/蕪村遺稿

失ひしもの燃えてをる狐火ぞ/藺草慶子

嫁入りと見ゆる狐火往き戻り/宮本旅川

川べりに狐火立やついりばれ/中村史邦

指させば動きはじめむ狐火や/木内彰志

春を待つ狐火二つ消えにけり/萩原麦草

狐火が火元か羽子板市炎上/鳥居美智子

狐火に挟まれてゐる齢かな/武田あつ子

狐火に枯ぐさ恍と伏しにけり/松村蒼石

狐火に河内の國のくらさかな/後藤夜半

狐火に道を返してふり向かず/藤原海塔

狐火の次第に消ぇて小夜時雨/井上井月

狐火の消えし方より人が来る/豊田蕗花

俳句例:81句目~

狐火の消えたるあとも犬吠ゆる/神野汀

狐火の消えたる闇の深さかな/岡田夏生

狐火に到り着きたる人ありや/藤田湘子

狐火もでてくる村の数へ唄/能村登四郎

狐火やころんで何を信ずべき/諸角節子

狐火やさむさを一つづつともし/龍岡晋

狐火や大和の闇は神ながら/市川東子房

狐火や次郎の瞼ゆるぶころ/石田阿畏子

狐火や湯田に湯の池ありし頃/堀口星眠

あかつきを待つ狐火の数ふやし/百瀬美津

おともなく狐火将棋倒しかな/三宅清三郎

狐火を信じて父のひと世かな/猪俣千代子

山車過ぎし川面狐火消えのこる/渡辺恭子

狐火やかの世も夫とかくあらん/藤木倶子

狐火にたゞ街道のあるばかり/阿波野青畝

不知火もまた狐火も語り継ぐ/後藤比奈夫

二○○○年の夜明け狐火のような/山崎聰

切れ長の目して狐火見しといふ/野中亮介

夜泣子を抱けば狐火移りけり/櫛原希伊子

狐火におのれ出てゆき戻りくる/齋藤愼爾

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ