季語/クリスマスを使った俳句

「クリスマス」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「クリスマス」について

【表記】クリスマス

【読み方】くりすます

【ローマ字読み】kurisumasu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・キリスト降誕祭(きりすとこうたんさい:kirisutokotansai)

・降誕祭(こうたんさい:kotansai)

・聖誕祭(せいたんさい:seitansai)

・聖樹(せいじゅ:seiju)

・クリスマスイブ(くりすますいぶ:kurisumasuibu)

・聖夜(せいや:seiya)

・聖夜劇(せいやげき:seiyageki)

・クリスマスカード(くりすますかーど:kurisumasukado)

・クリスマスキャロル(くりすますきゃろる:kurisumasukyaroru)

・聖菓(せいか:seika_)

・御降誕節(ごこうたんせつ:gokotansetsu)

季節による分類

・「く」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

クリスマスを含む俳句例

聖鐘と聖鈴内外降誕祭/村越化石

鷲鬱と青き降誕祭を抽く/斎藤玄

雪道や降誕祭の窓明り/杉田久女

一匹の羊と枯葉クリスマス/原裕

降誕祭一裸燈下に船溜/北野民夫

沖船も机上も聖夜灯を交す/原裕

久々に妻へ聖夜の予約席/小島健

屑籠の屑も美しクリスマス/森田峠

靴磨き聖夜の隅で石となる/穴井太

聖夜来る甘蔗畑の教会に/下村梅子

病棟に遠き国より聖夜くる/阪本晋

羊飼ぞろぞろしつゝ聖夜劇/森田峠

聖樹点滅考へる時間欲し/津田清子

出遅れし星も聖夜の海の上/長田等

時計塔聖夜の雪を粧ひて/大東晶子

暖炉焚く夫と降誕祭の朝/仙田洋子

岳の星今宵全し降誕祭/古賀まり子

意地悪の姫は裏声聖夜劇/大島民郎

早々と小児病棟聖夜の灯/松岡巨籟

ある窓の聖樹の影も港町/福田蓼汀

俳句例:21句目~

聖樹下に踊りてはらふ塵少し/原裕

黒人の店の聖夜よ星並べ/対馬康子

抱擁も台詞のひとつ聖夜劇/原好郎

聖樹くぐりて産院の車椅子/長田等

聖堂の聖樹にもあり裏表/品川鈴子

薔薇園に点す一燈聖夜餐/原田青児

舞台裏からも讃美歌聖夜劇/長田等

女学生の黒き靴下聖夜ゆく/桂信子

一切れは仏に聖菓等分す/柴田奈美

聖夜劇準備も萩に点灯す/友岡子郷

飾皿の絵は雪深き聖夜にて/有働亨

東の星の光やクリスマス/日野草城

降誕祭讃へて神を二人稱/津田清子

降誕祭空港とみに星多し/麻生和子

聖夜劇九人天使に吾子混る/長田等

降誕祭眼鏡光らせ老神父/伊藤敬子

聖誕祭かたゐは門にうづくまる/篠原

凍天や無灯の聖樹残しけり/対馬康子

偽善者の如銀行の聖樹かな/西村和子

点滴の瓶にリボンや降誕祭/原田青児

俳句例:41句目~

今年また島の聖樹は椿の木/朝倉和江

満天に不幸きらめく降誕祭/西東三鬼

燭台を点せるピアノ聖夜奏/品川鈴子

天井に風船眠りクリスマス/福田蓼汀

一家族母うら若く聖樹立つ/後藤夜半

子の仮面みれば降誕祭近し/木村蕪城

聖夜待つホーム白線内側に/対馬康子

二児が天使降誕祭を演出す/伊藤敬子

鳴る泉雪敷く泉聖夜来ぬ/古賀まり子

マドロスに聖誕祭のちまたかな/篠原

贖罪の如き聖菓を提げ帰る/下山宏子

聖夜劇牧師が波の音つくり/真下耕月

島人に旧教多しクリスマス/香月梅邨

風呂敷が園児の衣装聖夜劇/西村和江

異教徒の聖夜躓く石が光る/伊丹公子

聖歌隊解かれて処女柿噛る/津田清子

聖歌隊悪人面もをりにけり/西村和子

病院の屋上濡れてクリスマス/岸田稚

湯気あげて聖夜銀座の太鼓焼/杉本寛

聖夜スクランブル交差点の楽/長田等

俳句例:61句目~

聖夜めく二頭の馬が曳く橇は/有働亨

百人の握手もて果つ聖夜劇/岡本一代

磔像に一条の灯の差す聖夜/西野白水

聖夜まつ戸口氷塵流れをり/堀口星眠

椅子固し聖夜を遅れきし我に/森田峠

神の闇深々とあり聖夜ミサ/岩岡中正

空の星聖樹の星と光り合ふ/福川悠子

病棟に聖樹小さき灯を点す/稲垣一雄

遠航の烏賊船戻り島聖夜/小原菁々子

橇知らぬ犬も聖夜の雪の上/村越化石

近き友遠き友雪の降る聖夜/村越化石

どの国も聖夜枯枝膝で折る/対馬康子

紅をさす看護婦産院聖夜来る/杉本寛

降誕祭顔見ぬ人へも公平に/香西照雄

手話の手に席譲られし聖夜/横山睦子

定刻に塔の鐘鳴りクリスマス/長田等

聖樹点滅窓に陸の灯港の灯/福田蓼汀

聖樹の灯心斎橋の灯の中に/石原八束

上京の即日人に聖夜に会ふ/古舘曹人

犬急ぎゆけり聖夜の塀に沿ひ/森田峠

俳句例:81句目~

柔かき海の半球クリスマス/三橋敏雄

秋燈に膨る聖夜の飾り具店/関森勝夫

降誕祭町にふる雪わが家にも/安住敦

降誕祭海に飛び込む漢たち/佐川広治

降誕祭母の祈を父は知れど/石川桂郎

一堂にこもらふ息やクリスマス/篠原

窓だけの聖夜洗濯機が廻る/嶋野國夫

生れ来て百日足らず聖夜来る/長田等

聖樹に燈最も篤信祖母ぎみは/及川貞

光てふ神の見え来る聖夜劇/吉原文音

花舗の燈や聖誕祭の人通る/大野林火

基督に肖る気なき聖樹かな/藤田湘子

点滅し聖樹はいつも暮れてをり/下村福

白動車を降りて聖樹へ扉一重/横山白虹

船底に男風呂ありクリスマス/中尾杏子

人混みに聖樹微かに匂ひ立つ/西村和子

聖樹ともり大丸の窗冬ぐもる/飯田蛇笏

聖樹の灯音あるごとく点滅す/木村利子

聖樹立ち自動扉の落ち着かず/鍵岡/勉

おでん喰ふ聖樹に遠き檻の中/角川春樹

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ