季語/轡虫(くつわむし)を使った俳句

「轡虫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「轡虫」について

【表記】轡虫

【読み方】くつわむし

【ローマ字読み】kutsuwamushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・がちゃがちゃ(がちゃがちゃ:gachagacha)

季節による分類

・「く」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

轡虫を含む俳句例

夕波の畳む岬や轡虫/風間/淑

城内に踏まぬ庭あり轡虫/太祗

牧場は夜もあをしよ轡虫/矢島恵

松の月暗し暗しと轡虫/高濱虚子

秋千騎寄せくる音か轡虫/中勘助

麓野や月一色に轡虫/東洋城千句

露萩もおるるばかりに轡虫/越人

大雨に水漬きし藪や轡虫/福田蓼汀

夫と居て言葉なき夜の轡虫/浜芳女

轡虫海へ絶壁しんのやみ/福田蓼汀

海鳴を一轡虫圧しけり/相生垣瓜人

月代の桑の葉揺れや轡虫/中島月笠

足助塩の名に古りし町轡虫/木村蕪城

轡虫売らるる馬は沓履いて/米田一穂

轡虫彼岸の月をあびながら/高橋馬相

轡虫雨の宵寝の耳はなれ/水原秋櫻子

轡虫雨夜重ねてこゑ遠き/水原秋桜子

逃れ得ぬ加齢夜毎の轡虫/町田しげき

がちや~や月光掬ふ芝の上/渡辺水巴

轡虫たれか口火を切りし喜捨/赤松子

俳句例:21句目~

大利根に一灯もなし轡虫/石井とし夫

小粒てふ十団子いまも轡虫/古舘曹人

方言は仕事の言葉くつわ虫/香西照雄

月明の赤児とびこす轡虫/福田甲子雄

松虫を聴きさぐりしが轡虫/加藤秋邨

汽罐車の走れるに似て轡虫/大橋敦子

渦潮のゆるみそめたる轡虫/山内弘子

落ち方のけはしき月に轡虫/福田蓼汀

かや尻におりて夜を鳴く轡虫/太田鴻村

かざす灯に声を落として轡虫/高橋利雄

くつわ虫ちんばなれども声精悍/滝春一

轡虫かすかに遠き寝のやすく/富安風生

森を出て会ふ灯はまぶし轡虫/石田波郷

轡虫その辺の闇独り占め/近森/千句葉

轡虫昂ぶるばかり津和野の夜/高木石子

宵月は縦割り半月くつわ虫/百合山羽公

立ちよるや鳴音かへたる轡虫/高野素十

草むらが隣家との塀くつわ虫/小林草吾

歓声と云ふものならむ轡虫/相生垣瓜人

雨白し思ひ出でては鳴く轡虫/林原耒井

俳句例:41句目~

くつわ虫家賑やかに灯りゐる/工藤義夫

墓碑銘をくりかえし読む轡虫/和知喜八

がちや~や月まはりたる陰庇/鈴木花蓑

がちや~や瀬音も聞え真暗闇/鈴木花蓑

轡虫とらへたるらしひとつやむ/島崎秀風

くつわ虫洩れ燈の幅で土工の宴/香西照雄

くつわ虫激す一夜に一生懸け/橋本多佳子

海女の衣の吹かれ夜干しや轡虫/永方裕子

轡虫忘れてをれば鳴き出しぬ/五十嵐播水

轡虫目覚はいつも縷のごとし/田口満代子

がちやがちやや燈に足長の影法師/中拓夫

言ひ過ぎしひと言悔ゆる轡虫/中沢美知子

くつわ虫鳴きゐる門を訪ねあて/廣瀬河太郎

がちゃがちゃの競ふ心のある如く/後藤トメ

がちやがちやや壷より黒き八重葎/川端茅舎

閨に遠くつるしかへけり轡虫/阿部みどり女

がちや~の大きな闇の別墅かな/小林都府楼

がちや~の奥の一つを聞きすます/渡辺桂子

くつわ虫の激ち一夜に一生懸け/橋本多佳子

山荘消せば遠ちのひとつ灯くつわ蟲/及川貞

俳句例:61句目~

鳴きそめて止むけしきなし轡虫/五十嵐播水

がちやがちやの湧き立つ砧町を過ぐ/原田青児

がちやがちやの高まるばかり人幽か/中村汀女

ふと静かがちや~止んでゐたりけり/松田鬼峰

がちや~の島の白夜を鳴きしきる/鈴鹿野風呂

がちやがちやの暴徒の声の起りけり/村岡籠月

檐の月がちやがちやばかり覚めゐけり/林原耒井

虚無明らか歯科がちやがちやに光崩し/金子兜太

がちゃがちゃを聞きつくづくと衰える/池田澄子

がちやがちやの夜もすがらなる渡舟守/高野素十

がちやがちやの奥の一つを聞きすます/渡辺桂子

がちやがちやを包める闇の動かざる/石井とし夫

がちやがちやの鳴きさゞめかす葎かな/阿波野青畝

がちやがちややこはさぬやうに吾子の夢/満田春日

がちゃがちゃことに避けどころなし草の宿/及川貞

がちやがちやの森を壊してゐたりけり/大木あまり

がちやがちやの見えて鳴きゐる荷を下ろす/後藤夜半

くつわ虫のメカニズムの辺を行き過ぎぬ/中村草田男

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ