季語/菩提子(ぼだいし)を使った俳句

「菩提子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「菩提子」について

【表記】菩提子

【読み方】ぼだいし

【ローマ字読み】bodaishi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・菩提の実(ぼだいのみ:bodainomi)

・菩提樹の実(ぼだいじゅのみ:bodaijunomi)

季節による分類

・「ほ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

菩提子を含む俳句例

菩提子を玉と拾ひぬ峰の寺/神戸茂堂

菩提子や山のぼり来る風の音/岸田稚

菩提子を拾ひ忌心深くせり/東野鈴子

菩提子を旅に拾ふも倶会一処/栗山渓村

七月の菩提樹の実をかく拾ふ/後藤夜半

菩提子を父よ母よと拾ひけり/大石悦子

菩提子を紅ヰの糸につなぎ鳧/松瀬青々

菩提子を舞はして吾も仏の子/岩崎美代

夕凪に菩提樹の実の飛行せり/永田耕衣

菩提樹の七百齢の実ぞあまた/吉田速水

菩提子の虜となりし女人かな/原山英士

菩提子の飛ぶ日の近し錆色に/松岡君枝

黄檗の風に菩提子きりもみす/小畑晴子

箒目の波ひたひたと菩提子に/徳永球石

菩提子をひらりとむしる寺男/赤尾兜子

菩提子を拾ひいたゞく朝参り/高田蝶衣

菩提子に風の忘れ音ありにけり/小林澪

菩提子を拾ひ仏心には遠し/後藤比奈夫

菩提子の飛来ぞひびけ石の上/山田みづえ

仏縁と言ふべし菩提子拾ふべし/筧/柳下

俳句例:21句目~

写経せむ発心菩提子とびにけり/中村明子

十夜冥加菩提樹の実も拾ひ得て/中川四明

菩提子はかなしほとけは美しき/岸風三樓

新句碑をそこな菩提子摶つたるよ/岸田稚

菩提子のこぼるるを踏み僧出仕/大畑良子

菩提子のこぼれて九品浄土かな/田宮房子

菩提子のほろと一笑塚小さき/新井佳津子

菩提子や息をひそめしまでにして/岸田稚

菩提子を拾ひ煩悩置き行かな/近江小枝子

菩提子を数珠作るほど拾ひけり/尾関弘文

菩提子を拾うて来意まだ告げず/山根志邨

菩提子の黒きはかなし時雨けり/岸風三楼

菩提樹の実を拾ひをる女人かな/高濱虚子

武蔵野のもの無患子も菩提子も/後藤比奈夫

病むひとに逢へぬ菩提子拾ひけり/細川加賀

菩提の実教会地下の核シェルター/渡辺祥子

菩提子に風のひびける夕日かな/小松崎爽青

菩提子の独楽おろそかに廻しけり/後藤夜半

菩提子を掌に人の世の半ば過ぐ/山崎みのる

菩提子は小さくて軽し掌に拾ふ/門坂波の穂

俳句例:41句目~

菩提子の飛び来ぞひびけ石の上/山田みづえ

菩提子を八一の歌碑に来て拾ふ/本山富美子

菩提樹の実の拾はるるところ見し/後藤夜半

菩提樹の實のこぼれゐる深雪かな/河合凱夫

手にしたる菩提樹の実のひぐれかな/加藤楸邨

菩提子をひろふ念珠に足らざれど/片山由美子

菩提樹の実の垂れ日ざしまんだらよ/大野林火

菩提子の実のほろほろと夕日溜め/渡辺二三雄

菩提樹の実を呉れ去つて掌に枯るる/石川桂郎

菩提子の羽透きとほるまで枯れぬ/加藤三七子

きりきりと菩提子空にあらはれ来/加藤三七子

菩提樹の実のからからと売られけり/小坂順子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ