季語/案山子(かがし)を使った俳句

「案山子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「案山子」について

【表記】案山子

【読み方】かがし

【ローマ字読み】kagashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・そめ(そめ:some)

・おどし(おどし:odoshi)

・おどせ(おどせ:odose)

・おどろかし(おどろかし:odorokashi)

・とぼし(とぼし:toboshi)

・とうぼし(とうぼし:touboshi)

・鎌しめ(かましめ:kamashime)

・嗅がし(かがし:kagashi_)

・焼しめ(やきしめ:yakishime)

・かかし(かかし:kakashi)

・かがせ(かがせ:kagase)

季節による分類

・「か」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

案山子を含む俳句例

某は案山子にて候雀どの/漱石

行暮て案山子を草の枕上/子曳

提灯に案山子が映る別かな/漾人

姓名は何子が號は案山子哉/蕪村

水落て細脛高き案山子かな/蕪村

御所柿に頼まれ顔の案山子哉/蕪村

某は案山子にて候雀どの/夏目漱石

十年の狂態今に案山子哉/正岡子規

行秋や案山子の袖の草虱/飯田蛇笏

拵へし時から古き案山子かな/如風

案山子翁あち見こち見や芋嵐/青畝

錦する秋の野末のかかしかな/蕪村

きり~す鳴や案山子の袖の内/智月

目ン玉に力の残る捨案山子/町淑子

出征旗まきつけ案山子立腐れ/欣一

雨にぬれ風にふかるゝ案山子哉/野菊

窓近く案山子も一二聴講す/佐伯哲草

たち尽すものはかかしぞ后月/千代尼

ゆく秋やかかしの袖の草虱/飯田蛇笏

横たへて案山子思はぬ大男/市川玲子

俳句例:21句目~

竹竿を横に案山子のもろ手哉/森鴎外

一番に案山子をこかす野分かな/許六

冬瓜の枕さだむるかかしかな/千代尼

夕日惨休戦めきて案山子満つ/草田男

蜻蜒や案山子の笠の真中に/寺田寅彦

空高く林檎を守る案山子哉/寺田寅彦

稲雀追ふ力なき案山子かな/高浜年尾

稲雀案山子に射られ海に入/子規句集

案山子にも哀れさまけじ尼仲間/智月

我足にかうべぬかるゝ案山子哉/蕪村

稲の葉の青かりしより案山子哉/月渓

俳諧未生以前の案山子かな/小杉余子

案山子運べば人を抱ける心あり/篠原

山畑は笠に雲おく案山子哉/正岡子規

案山子から苗一筋や秋の雨/高井几董

案山子して待つ里もあり雁の声/也有

案山子一つ東指しぬ大月夜/中島月笠

胸薄き案山子や蕎麦の花隣/石川桂郎

吹倒す起す吹るゝ案山子かな/炭太祇

豊作の田より案山子抱き帰る/山口伸

俳句例:41句目~

農夫佇ち案山子突然歩き出す/山本環

道別れ人わかれゆく案山子かな/渋亭

水風呂の下や案山子の身の終り/丈草

ゆく秋や案山子の袖の草虱/飯田蛇笏

行秋を案山子遂に焚かれけり/寺田寅彦

吾行けば共に歩みぬ遠案山子/中野三允

此谷を一人守れる案山子かな/高浜虚子

善人にあらず善人めく案山子/早川和男

横ざまに殆ど倒れ案山子かな/京極杞陽

壮年の父の貌して案山子かな/村井二郎

夕ざれば旅人急ぐ案山子かな/尾崎迷堂

痩案山子のみ残されて奥三河/菖蒲あや

棚田守る賞の案山子も核家族/川勝ミヨ

たそがれて顔の真白き案山子かな/鷹女

薪ともならで朽ちぬる案山子かな/正秀

案山子よりも淋しき顔に見送りぬ/汀女

案山子に似て我影悲し乳貰ひ/寺田寅彦

海光へ弓引く能登の大案山子/奈良文夫

草川の水途絶えけり捨案山子/森藤千鶴

夕野分案山子が声を発しけり/矢野聖峰

俳句例:61句目~

花鳥の彩色のこす案山子かな/蕪村遺稿

能因の嘘の日焼の案山子かな/野村喜舟

ひるがへる袖の案山子も飛鳥ぶり/柯城

案山子にもうしろ向かれし栖かな/一茶

肥荷ひ案山子かつぐ児随へて/西山泊雲

早稲案山子物見の如く柳生口/今村泗水

笠ぬちの顔を略しぬ稗案山子/皆吉爽雨

応援の案山子並びぬ残る田に/新田幸江

案山子立つうしろ姿の山頭火/武田和郎

愛を誓ひ案山子のまへに来て別る/原裕

兼平の塚を案山子の矢先かな/子規句集

竜巻の案山子奪ひて湖へ去る/南光翠峰

刈株に倒れ伏したる案山子哉/寺田寅彦

砧うつはよい女房か案山子どの/泉鏡花

下半身省略されて案山子佇つ/大石雄鬼

眉太に丹波山田の案山子かな/大石悦子

十ほども学校田の案山子かな/太田秋峰

七人の案山子が守る学校田/吉田美佐子

直立の案山子O型かも知れぬ/野木桃花

山田守る案山子も兵児の隼人かな/虚子

俳句例:81句目~

案山子の顔男に仕上げ心足る/影島智子

双肌を脱ぎし案山子も里姿/立石/千代

人立つて鳥追舟の案山子かな/子規句集

伊予の田の案山子は伊予の絣着て/繁一

幼馴染よ大根畑の案山子さへ/皆川白陀

倒れたる案山子の顔の上に天/西東三鬼

表情のなきが表情案山子立つ/小島延介

試みに案山子の口に笛入れん/正岡子規

稲の波案山子も少し動きをり/高浜虚子

案山子立つ汝も東北弁ならむ/品川鈴子

停年の案山子を棒に戻しやる/高橋/良

御室田に法師姿の案山子かな/高浜虚子

遠山も風の案山子も伊賀のうち/桂信子

銀閣寺門前の田の案山子かな/富安風生

雀らの友となりたる捨案山子/矢島渚男

傾きて案山子の骨の十文字/吉田まこと

鹿舞の演目聞けば案山子とよ/高澤良一

麓田の夕日に多き案山子かな/子規句集

黄熟の波に溺れてゐる案山子/三須虹秋

山葵守る孤つ案山子に畝規し/木村蕪城

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ