季語/葛の花(くずのはな)を使った俳句

「葛の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「葛の花」について

【表記】葛の花

【読み方】くずのはな

【ローマ字読み】kuzunohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「く」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

葛の花を含む俳句例

山道も吾妻郡葛の花/敏郎

法輪の芒にはふや葛の花/乙二

雨晴や煙のこもる葛の花/嵐竹

葛咲くや妻子に遠き膝頭/原裕

花葛や巌におかれし願狐/篠原

葛の花水に引ずる嵐かな/一茶

花葛や松ふき倒す田成畑/史邦

鉄炮の山ふところや葛の花/成美

葛の花咲や古井の竹の頃/女桃長

葛の花夜空ほとほと滴れり/楸邨

葛の花垂れて短かし蒙古塚/旭/

葛の花石の燈台明治調/沢木欣一

葛の花雨に少女の喉甘ゆ/岸田稚

鵯越いま花葛の逆落し/品川鈴子

牧柵の影の全し葛の花/木下夕爾

吊橋は定員十五葛の花/細川加賀

葛の花流人時忠ただ哀れ/誓子/

坊毎に懸けし高樋よ葛の花/久女

大学に城門残る葛の花/西村和子

花葛の秋にからまる山路哉/方壷

俳句例:21句目~

対岸は新興宅地葛の花/田代登志

裏山に一つの道や葛の花/野村喜舟

葛咲けど水泡澱める神田川/秋櫻子

葛咲くや風の吹く山吹かぬ谷/皿茶

三尊の一尊笑う葛の花/伊丹三樹彦

松風の秋ひきたつる葛の花/斎藤玄

橋桁に水の渦まく葛の花/栗山妙子

葛咲くやいたるところに切通/槐太

葛の花雨截つて飛ぶ山鴉/皆川盤水

雨ふれば雨に葛咲く山泉/飯田蛇笏

葛の花天の限りを雨音す/大野林火

葛の花遠つ江へ怨み文/能村登四郎

兎追ひし山こそ思へ葛の花/所山花

葛の花傘持ち山の郵便夫/福田蓼汀

凶作田鴉に葛の花ざかり/飯田龍太

葛の花人の世憎み人を愛し/本井英

葛咲くや女人結界こゑもなし/春樹

葛の花渓へ傾く巫女部落/福田蓼汀

葛の花くぐりて響く流かな/石昌子

花葛山守る神は髪豊か/松本たかし

俳句例:41句目~

葛の花上へ上へと咲き競ひ/上村占

山路に石段ありて葛の花/高浜虚子

ちか道は沢深みかも葛の花/橙黄子

男老いて男を愛す葛の花/永田耕衣

葛の花水に泛めば幽なる/後藤夜半

隼の瀬音浴びをり葛の花/野沢節子

花葛の果ての果てまで昼の海/龍太

布に煮て余りを咲かふ葛の花/沾徳

大岩に水位の刻み葛の花/山西雅子

親不知子不知葛の花縮む/松山足羽

天嶮の底ヒに葛の花の道/岩崎照子

葛の花むかしの恋は山河越ゆ/狩行

むらさきに雷起す葛の花/萩原麦草

葛の花水さびしめば水応へ/岸田稚

花葛の谿より走る筧かな/杉田久女

簗へゆく橋に木戸あり葛の花/翠舟

葛の花村の風吹く村の道/村越化石

花葛のあかるき後山驟雨すぐ/蛇笏

葛の花崖にたつもの白波と/中田剛

真青な竹にからみて葛の花/岩田由美

俳句例:61句目~

石に彫る佛とびちる葛の花/野呂春眠

石組んで飯炊きし跡葛の花/川村紫陽

かがひの場探しあぐねて葛の花/欣一

筆休花葛を見て足らひけり/石川桂郎

その昔武装解除の葛の花/伊丹三樹彦

老いし父昼も睡れり葛の花/皆川盤水

脛のみか腿をはばみて葛の花/草田男

自在鉤まで花葛の風届く/上野さち子

花葛の雨に立ちぬれ岩釣/水原秋桜子

山深く狂女に逢へり葛の花/高浜虚子

花葛や松ふきたふす田成畑/中村史邦

花葛や激つ水には清濁なし/津田清子

花葛を登り綱とし神の岩/加藤知世子

葛の花こぼれて石にとどまれり/青邨

葛の花ふかき水音がする/栗林一石路

葛の花凪ぎたる海を還り来ず/中拓夫

葛の花四五聯かけて巌かな/西山泊雲

葛の花地震の断層とも見えず/森田峠

葛の花崖に小さき流人の墓/加藤耕子

葛の花浪子不動のきりぎしに/瀧春一

俳句例:81句目~

葛の花淵のいろより山が澄み/佃藤尾

乳房みな涙のかたち葛の花/中嶋透子

二重三重山に阻まれ葛の花/平城悳江

五十猛の葛の花噛む女かな/夏石番矢

葛の花湯帰り人は匂ひ過ぐ/野澤節子

今落ちしばかりの葛は紅きかな/立子

葛咲きて飯場に似たる湯治宿/森田峠

葛咲くや嬬恋村の字いくつ/石田波郷

葛咲ける崖の上茂吉記念館/松村蒼石

葛引くや朽ちて落ちたる山筧/原石鼎

葛散るや天の渚のくづれつつ/齋藤玄

蔓の先遠くにありて葛咲けり/森田峠

嘆きつつ葛の花踏み越えんとす/林翔

迢空の越えし山路や葛の花/中村昭一

墓道は島の畑みち葛咲けり/沼澤石次

送行の葛の花ふむ草鞋かな/飯田蛇笏

野明りや跼むにやすき葛の花/斎藤玄

野生馬に水呑む序列葛の花/早川利浩

天に葛飛び咲く赭き切通し/末次雨城

隠といふこと美しき葛の花/遠藤梧逸

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ