季語/蘆の花(あしのはな)を使った俳句

「蘆の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蘆の花」について

【表記】蘆の花

【読み方】あしのはな

【ローマ字読み】ashinohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蘆原(あしはら:ashihara)

・葭原(よしはら:yoshihara)

・葭の花(よしのはな:yoshinohana)

・葭の秋(よしのあき:yoshinoaki)

・蘆の秋(あしのあき:ashinoaki)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

蘆の花を含む俳句例

霾ると蘆原色を失ひぬ/向笠和子

芦の花二階は葬の粧す/宮武寒々

舷にすれて強さよ日向蘆/原石鼎

夕潮に浮きし葭原葭雀/橋田憲明

芦原に牛沈み居る磧かな/高濱年尾

水門を猫渡りゆく蘆の花/池田守一

蘆原に絮のあがるは蘆を刈る/林火

蘆原に牛沈みゐる磧かな/高浜年尾

夕風や蘆の花散る捨小舟/正岡子規

鷺落ちて夕月細し蘆の花/正岡子規

妻遠し芦原広し芦刈男/橋本多佳子

芦の花漁翁が宿の煙飛ぶ/蕪村遺稿

芦原の中に家あり行々子/子規句集

芦の花かがみて男笛習ふ/大野林火

蘆の花童に熱き闇ありぬ/飯島晴子

松原に葭原ありて行々子/河野静雲

柴又へ通ふ渡しや蘆の花/正岡子規

蘆原を押分けくるや鯊の潮/古橋呼狂

蘆原に雲生れしとき濁り鮒/巌谷小波

芦の花けふの終りの小舟過ぐ/大串章

俳句例:21句目~

蘆の花舟あやつれば水匂ふ/山口誓子

三隈川中洲中洲の蘆の花/都甲/康枝

乳を出して船漕ぐ海士や蘆の花/北枝

忽然と大蘆原の見えしかな/岸本尚毅

地蔵会の裏は葭原葭すずめ/辻田克巳

蘆の花澱める水に日を沈め/橋本鶏二

芦原や豊のちまきの国津風/上島鬼貫

夕蘆原行きて猟夫の肩没す/藤田湘子

巨椋池ありし名残の蘆の花/野田秋芽

芦原の上低くとぶ春の雁/波多野爽波

芦原やはらり~と落つる雁/藤野古白

舟人の夜炊ぐなり芦の花/石島雉子郎

水靄の動きにも揺れ蘆の花/成嶋瓢雨

沖待ちの船を遠目に芦の花/宇野直治

浜川の末砂に消ゆ芦の花/篠田悌二郎

大利根に渡場多し蘆の花/三笘落魄居

芦原の月夜大きな暈の下/長谷川素逝

燦々と人も戦げり蘆の秋/金箱戈止夫

芦の花輝く頃の湖中句碑/成瀬正とし

石投げて届かぬ中洲芦の花/萩原貞子

俳句例:41句目~

櫓に変へるまでの水深芦の花/長田等

よき昼餉日空は芦の花降りて/宮武寒々

乱世のごとき大蘆原を行く/田川飛旅子

人前にひつぱり出さる蘆の花/吉井幸子

日上れば芦原は冬の靄となる/開原冬草

月を待つ芦原ひくゝ鷭翔けり/岸風三楼

繋ぎたる舟の灯吹くや蘆の花/柳原極堂

舟ゆけば筑波したがふ蘆の花/富安風生

黒南風の蘆原雲のごとくなり/松村蒼石

芦の花折りて船出の祓へせん/椎本才麿

芦の花潮満ちきつて月夜かな/安藤甦浪

芦の花貧しきものを洗ひ干す/宮田節子

花淡き茱萸を仰ぎて芦原の湯/堀口星眠

葭切に大芦原の目路はるか/鈴鹿野風呂

葭原の外網代木の流れかな/大須賀乙字

葭原の葭切の鳴き雑木に飛び/小澤碧童

葭原雀月の夜一夜啼くものか/臼田亜浪

蘆の花おのが光に暮れゆけり/澤木欣一

蘆の花がくれとなりぬ竹生島/桜木俊晃

蘆原に夏のきはまる夕日かな/松村蒼石

俳句例:61句目~

蜑が子の恋や穂に出て蘆の花/西村渚山

行けど行けど川浪高し蘆の花/渡辺水巴

雲よりも風よく見えて芦の花/飯島内三

鳥の足跡水ぎはに消ゆ芦の花/野澤節子

ささ濁る水のゆたかに葭の花/小坂文之

葭の花葭切鳴かずなりにけり/五十嵐播水

粉雪いよゝ大降となりぬ蘆の花/西山泊雲

葭原の刈られ蜂の巣ころびをり/京極杞陽

町なかのまひるさびしや蘆の花/木下夕爾

湖に温泉が噴いてゐる蘆の花/加倉井秋を

日ねもすの葭原雀田ごしらへ/竹末春野人

蘆の花ここはもとより天の底/高野ムツオ

蘆の花賑やかにしてわれひとり/山口誓子

すすきより吹かれて白き蘆の花/川口厚子

この辺に住みても見たし蘆の花/星野立子

この川の三つ渡る川や芦の花/河東碧梧桐

芦の花ひとのくらしの裏の見ゆ/田宮房子

夕虹を見る人もなし芦の花/長谷川零餘子

身の丈の蘆原に来てハーモニカ/対馬康子

道に添うた葭原の葭切ついそこ/喜谷六花

俳句例:81句目~

遠き国より来し葭原の梅雨の音/高室呉龍

夕されば舟にかへる子芦の花/松尾いはほ

鵜がのぼる屋根の日向や芦の花/吉田冬葉

芦の花ここにも沼の暮しあり/深見けん二

蘆原を焼拂いたる水とびとび/松本たかし

芦原にさめざめと日の入りにけり/西村和子

日々刈りて蘆原とほくなりし小屋/戸田銀汀

咳きしつつ遠賀の蘆原旅ゆけり/橋本多佳子

かちがらす田舟に啼けり蘆の花/下村ひろし

漁家の犬濡れそぼけ行く芦の花/石島雉子郎

お台場にサーカス来たり芦の花/森高たかし

芦原を焼き払ひたる水とびとび/松本たかし

わたる鵜の羽のきしる日ぞ芦の秋/加藤しげる

芦原の日の中に降るあられかな/阿部みどり女

蘆原の日の中に降るあられかな/阿部みどり女

蘆原将軍といふ人ありしラムネかな/成瀬桜桃子

埋めよと云う埋めるなと云う蘆の花にて/荻原井泉水

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ