季語/胡瓜の花(きゅうりのはな)を使った俳句

「胡瓜の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「胡瓜の花」について

【表記】胡瓜の花

【読み方】きゅうりのはな

【ローマ字読み】kyurinohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花胡瓜(はなきゅうり:hanakyuri)

季節による分類

・「き」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

胡瓜の花を含む俳句例

潮風に雲流れゆく花胡瓜/千原満恵

積石に沈みし蛇や花胡瓜/中村若沙

遠蛙きく丘の上の花胡瓜/三好達治

坪庭に蔓を這はせて花胡瓜/藤原照子

家々の入江に沿ひし花胡瓜/上原はる

潺々と胡瓜の花のこなみぢん/松澤昭

燈台を守る菜園の胡瓜咲く/山本満義

職退きて土に親しむ花胡瓜/蕪木啓子

花胡瓜次々咲いて夢ふふむ/熊倉陽子

国境の辺り胡瓜の花ざかり/井上たか女

白や温室つくりの胡瓜の花と/田中冬二

花胡瓜指先ほどの実をつけて/福川悠子

はじめての家庭菜園胡瓜咲く/小俣由とり

地境の石に角なく胡瓜咲く/長谷川かな女

生き得たる四十九年や胡瓜咲く/日野草城

花胡瓜ここにもひそと母子家庭/原田冬水

草がめの葉よりも青し花胡瓜/加賀谷凡秋

面影やいつしか胡瓜咲く日なり/和田悟朗

朝戸出の影すがすがと胡瓜咲く/金尾梅の門

たしかなにか忘れてゐるに胡瓜咲く/上田五千石

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ