季語/競渡(けいと)を使った俳句

「競渡」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「競渡」について

【表記】競渡

【読み方】けいと

【ローマ字読み】keito

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ペーロン(ぺーろん:peron)

・爬龍船(ハーりーせん:harisen)

・競渡船(けいとせん:keitosen)

・キャーロン(きゃーろん:kyaron)

・バイロン(ばいろん:bairon)

季節による分類

・「け」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

競渡を含む俳句例

ペーロンの沸騰点か雲の峰/朝倉和江

競渡舟卸す打込み太鼓かな/林かつみ

ペーロン祭浮桟橋が桟敷なる/品川鈴子

出稼ぎの父送る日の競渡かな/福島五浪

眼には球体を駆けペーロン船/丸山海道

ペーロンの果てて戻りし影かな/山田弘子

ペーロンや今も海手の十ケ村/下村ひろし

ペーロンを明日の潮騒高まりぬ/朝倉和江

浜ことば汗に飛び散る競渡かな/中尾杏子

競渡見る仮泊の舳ならべけり/田中田士英

蝶舞へりペーロン発ちし波の上/朝倉和江

ハーリーやくろがねの胸水はじく/沢木欣一

ハーリー船蜈蚣の脚の櫂そろふ/山崎冨美子

ペーロンに関りもなく巨船出づ/下村ひろし

ペーロンの勝酒ささぐ濱恵比須/下村ひろし

ペーロンの果てし入江の潮匂ふ/徳沢南風子

ペーロンの舳先揃へてまだ発たず/中村孝一

ペーロンや銅鐸打ち鳴らす大男/松本あや子

ペーロンの船の海蛇も吠えにける/磯貝碧蹄館

ペーロンは南風の浦波切って跳ぶ/下村ひろし

俳句例:21句目~

ペーロンやいよいよ白き雲を置き/山内傾一郎

ペーロンや覇王樹花を盛り上げて/下村ひろし

烏帽子着てさしづ顔なる競渡かな/河東碧梧桐

ペーロンやこの日のための帰郷舸子/下村ひろし

負くまじきペーロン銅鑼を滅多打ち/下村ひろし

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ