季語/プールを使った俳句

「プール」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「プール」について

【表記】プール

【読み方】ぷーる

【ローマ字読み】puru

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ふ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

プールを含む俳句例

ハタ~の溺れてプール夏逝きぬ/篠原

卒業すプールの梯子垂直に/宮坂静生

プールあがる日没の街膚色に/中拓夫

浜プール太平洋をまのあたり/森田峠

校庭のプール濃紫にて遠し/対馬康子

日覆の影プールより離れけり/辻桃子

寒風が揉んで変形せぬプール/渋谷道

爆音や夜はプールに水補ふ/津田清子

熱い耳潜るプールの底は多彩/伊丹公子

炎天の空のプールを怖れけり/長谷川櫂

人間に髪の金銀プール澄む/赤松ケイ子

仰向けに夜のプールに泳ぎをり/森重昭

教室にプールの水の匂ひ来る/茨木和生

北山の杉映りゐしプール干す/大島民郎

教室と別の貌持ちプールの子/田中由子

深く深くプールに潜り父の日よ/林誠司

夏過ぎのプールを叩く通り雨/永方裕子

プールに居討論会に加はらず/橋本鶏二

梅天を割って太陽新プール/百合山羽公

柩形のプールに母を泳がしむ/齋藤愼爾

俳句例:21句目~

雷鳴のプールに誰か抜手きる/寺田京子

葉桜やプールの底をはがす音/宮坂静生

海際のプールの水が減りゆけり/品川鈴子

かたはらに青きプールや植樹祭/大島民郎

湧く雲にプールの底の今あらは/木下夕爾

田草取プールの音のかすかにす/桜井博道

プール監視甲斐なき日焼止塗つて/樋笠文

石叩プールかすめて屋根石に/石橋辰之助

競泳のときもプールを風駆けり/山口誓子

迷ひ来てプールをのぞく牧の馬/大島民郎

雲うつすプールに風の原展く/石橋辰之助

プール開きまへの水深青揚羽/百合山羽公

髪剪つてプール開きを待つばかり/樋笠文

明水に緑雨止んだり初プール/百合山羽公

俯向さてプールの数字水に映る/山口誓子

プールの底にヘアピンが落つ枯桜/中拓夫

吹き降りのプールの隅の菓子袋/嶋田麻紀

大時計プールの面にさかしまに/西村和子

プールの紺十月の寮ひつそりと/蒲田陵塢

髪濡れてプール帰りの少女らし/館岡沙緻

俳句例:41句目~

島育ちプールの真水にも浮きて/品川鈴子

明日ひらくプール細かな波を立て/森田峠

プールより上る耳たぶ光らせて/西村和子

映りつつ人ゆくプール避暑名残/亀井糸游

椅子に寝て波のプールは海の音/松浦敬親

波残るプールに一礼敗者去る/古屋恵美子

泳ぐ子と静かな親の森のプール/金子兜太

プールに映る中年に変はつてゐる/大石雄鬼

子の鼻血プールに交じり水となる/赤尾兜子

スタンドの一脚欠けて初プール/百合山羽公

夕焼中プールふちから昏れすすむ/宮坂静生

皆の行く方にプールのありにけり/稲畑汀子

子等揚げてプールの水を休ませる/柴田奈美

プールあり木の実落つるにまかせたり/龍男

プールとは平らな水よ顔をのせ/嶋田摩耶子

プールにも夕波の立ち初めにけり/西村和子

不生女にプールの青さ青すぎる/柴崎左田男

子等去りてプールは空の色となる/和気祐孝

宇宙船見し夜のプール蒼ふかむ/北見さとる

山女釣来てはプールに泳ぎ出づ/石橋辰之助

俳句例:61句目~

夜のプールひそと泳げば子も下り来/及川貞

プールよりあがり芝生の端濡らす/池田秀水

白線の無垢なるプール開きかな/市ヶ谷洋子

往診や吾子ゐるはずのプール見て/堀口星眠

プールより声弾けとぶ子等の午後/細井房俊

父の寂しさ水なきプールの鉄梯も/友岡子郷

水の膜ひつぱりプールあがりけり/宮坂静生

梅雨明けぬ市営プールの一帯も/百合山羽公

下痢で帰るプールはなさぬ西瓜堤げ/島津亮

プール監視人へと蜻蛉集まり来/正木ゆう子

幼女期の華やぎで沸き立つプール/伊丹公子

プール邊に寛ぎ一と日長者たり/吉良比呂武

プール閉づ張りたる水の青きまま/池田秀水

山の子ら霧のプールに声をあぐ/石橋辰之助

女来て夜のプールを波だたす/長谷川浪々子

鈴ふりてプールさみしき刻もどす/宮坂静生

羊水溺死見ている白い葉のプール/西川徹郎

プール放水奔流なすに沿ひて帰る/田中灯京

賭場出てプール邊に佇つ月涼し/吉良比呂武

陽のすすき翳るプールに記憶冷え/大井雅人

俳句例:81句目~

雨の中に雨降りずぶ濡れのプール/辻田克巳

大プール茅の輪くぐりし身を放つ/岩田由美

雲の峯プールどこでも足が立つ/橋本美代子

一斉に居なくなりたるプールかな/奥坂まや

風の樹々プールの子らに騒ぎ添ふ/石田波郷

市長もゐてプール開きの水しぶき/松村多代子

濡れぬ椅子一脚もなきプールの夜/阿波野青畝

水はしゃぐプール開きのホイッスル/吉原文音

目覚ましのプールに入るも旅日課/嶋田摩耶子

ビストルがプールの硬き面にひびき/山口誓子

ピストルがプールの硬き面にひびき/山口誓子

プールの倫理のなかに淡あは愉しきか/竹中宏

翳るプール絃うばわれし楽器に似て/大井雅人

プールの日飛込むたびに割れにけり/橋本榮治

三島忌や空のプールに日の差して/片山由美子

プールの母浅いところで屈折する/八木三日女

蹤いて来る水を離してプール出る/木村淳一郎

プールまで聞こえてプレスリーの曲/水田光雄

プール児童の叫喚返すビルの壁/鍵和田ゆう子

雲うつすのみ子ら去りしプールの面/浅野右橘

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ