季語/水羊羹(みずようかん)を使った俳句

「水羊羹」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水羊羹」について

【表記】水羊羹

【読み方】みずようかん

【ローマ字読み】mizuyokan

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「み」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

水羊羹を含む俳句例

一しきり旅の話や水羊羹/野村蝶子

口中の唱名消えず水羊羹/長谷川櫂

水羊羹風生夫人聴き上手/松本澄江

青年は膝を崩さず水羊羹/川崎展宏

林泉のやがて淙々と水羊羹/川端茅舎

正眼に楊枝をかまへ水羊羹/川崎展宏

饒舌の足りて真昼の水羊羹/渡辺耀子

鳴りのよき明治の時計水羊羹/菅裸馬

されど死は水羊羹の向かう側/櫂未知子

入院のさらりと決まり水羊羹/宮川和巳

母いつも正座してをり水羊羹/花田由子

水にさす影切り分けて水羊羹/長谷川櫂

水羊羹匙ひやひやと使ひけり/高澤良一

水羊羹喜劇も淡き筋ぞよき/水原秋櫻子

水羊羹舌にくづるゝ甘さあり/藤松遊子

水羊羹行儀正しき夫婦かな/大場白水郎

水羊羹話せば近きことなりし/服部嵐翠

竹筒の水羊羹をすゝり食べ/金井/清子

かげ口に淋しきものや水羊羹/長谷川春草

まだ奥に部屋ありそうな水羊羹/五島高資

俳句例:21句目~

午睡より覚めしところへ水羊羹/高澤良一

正座していただいてをり水羊羹/嶋田麻紀

笹の葉を敷き自家製の水羊羹/杉山三知子

綺麗好きの父にてありし水羊羹/渡辺水巴

負ひ目ある妻に付き合ふ水羊羹/阿部寿雄

夏深きもの果敢なしや水羊羹/久保田万太郎

言ひにくきことさりげなく水羊羹/樋口久子

塗のなまな食籠入りの水羊羹がゐざり/喜谷六花

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ