季語/竹落葉(たけおちば)を使った俳句

「竹落葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「竹落葉」について

【表記】竹落葉

【読み方】たけおちば

【ローマ字読み】takeochiba

子季語・関連季語・傍題・類語など

・竹の葉散る(たけのはちる:takenohachiru)

・笹散る(ささちる:sasachiru)

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

竹落葉を含む俳句例

国東の仏と遊ぶ竹落葉/佐藤都

腕組める女は暗し竹落葉/原裕

眦に光の糸の竹落葉/岡本まち子

竹落葉眼かすかに血走れる/晴子

少将の百夜通ひの竹落葉/望月明

竹落葉一閃二閃風の中/成瀬正とし

竹落葉ひらりと蝌蚪の水の上/誓子

藪中の空溝深し竹落葉/松本たかし

竹落葉踏む音にして猛々し/中田剛

竹落葉背に降る幽き道をゆく/八束

雪舟の止宿の跡や竹落葉/西森定子

人の顔見たくなき日の竹落葉/橋石

万葉の古径と聞く竹落葉/長野春草

月よしと夜も舞ふ庵の竹落葉/風生

朝じめる熊野古道竹落葉/大賀豊泉

没日影葵をそめて竹落葉/飯田蛇笏

犀星の王朝物や竹落葉/加藤三七子

金色に竹落葉飛ぶ行方あり/舞原余史

重なりてくだつ清らや竹落葉/東洋城

象谷に舞ひ上りたる竹落葉/山本洋子

俳句例:21句目~

竹落葉こを縁談といふべきか/齋藤玄

竹落葉せし明るさの中の壷/朝倉和江

竹落葉渓の苔岩乾るまなき/飯田蛇笏

観音の灯に透く雨戸竹落葉/宮武寒々

山寺の樋よく詰まる竹落葉/河野美奇

合掌を解けば我あり竹落葉/木内彰志

抱卵の矮鶏に零るる竹落葉/上田春日

竹落葉変らず昔どうりの道/高澤良一

昼の月よりひら~と竹落葉/倉田絋文

しんかんと山閃々と竹落葉/広瀬直人

竹落葉風強き日も弱き日も/藤吉陽水

石段を流れきて竹落葉かな/田中裕明

楮を煮る大釜干され竹落葉/田中英子

竹落葉雲中に踏み絵馬堂へ/渡辺恭子

竹の葉を散して過ぐる夕立かな/篠原

竹落葉雀百まで踊りゐむ/櫛原希伊子

深海のごとき佛顔竹落葉/柴田白葉女

渓流に音やあらざる竹落葉/飯田蛇笏

鐘ひとつ撞かぬ寺なり竹落葉/上村占

落人の墓とはかくも竹落葉/高木晴子

俳句例:41句目~

いくど掃く畳のいろの竹落葉/石川桂郎

風のなくなりし空より竹落葉/江藤都月

さむらひの墓松落葉竹落葉/成瀬正とし

竹の葉散る良寛の世を語り草/高澤良一

人ごゑに雫のごとく竹落葉/小松崎爽青

人すぎし気配にも似て竹落葉/古屋貞子

刻ゆくに声あらねども竹落葉/渡辺恭子

前うしろ竹のはらから竹落葉/平畑静塔

喪服着て常より若し竹落葉/古賀まり子

故人にも十年のとし竹落葉/百合山羽公

玄関のまつくらがりに竹落葉/中岡毅雄

石棺の暗さをこめて竹落葉/福田甲子雄

竹落葉さんせう太夫始末かな/筑紫磐井

竹落葉するはてしなき曇りかな/飴山實

石庭の石濡れやすし竹落葉/神子砂丘子

竹落葉古墳の姿ややおどけ/池内友次郎

竹落葉哀しかなしと掃く妻に/楠本憲吉

竹落葉土ねむたげに迎へけり/草間時彦

竹落葉山墓の音を踏みゆきぬ/山口草堂

竹落葉時のひとひらづつ散れり/綾子/

俳句例:61句目~

竹落葉紛るゝ暗さありにけり/谷野黄沙

竹落葉草の空間谷をなし/阿部みどり女

竹落葉踏んで嵯峨野と思ひけり/森泉久

竹落葉錘揉んで空青かりき/鈴木しげを

竹落葉風さやに朝は病癒えぬ/斎藤空華

竹落葉鳴りてあそべり舗道の上/飴山實

籾殻が小屋からあふれ竹落葉/香西照雄

肥汲みの尼のくるぶし竹落葉/松村蒼石

茶が熱し陽のしらしらと竹落葉/中拓夫

茶を賜ふ陽がしらしらと竹落葉/中拓夫

足首のひかりゐし竹落葉かな/田中裕明

風たちしあと満月の竹落葉/柴田白葉女

刻あそびをり竹落葉降らせては/宮津昭彦

竹落葉突つ込むままに氷りけり/高澤良一

踏めばある深きところや竹落葉/岩田由美

竹落葉しばらく音の絶えにけり/小林康治

竹落葉そこから風の旋回す/佐怒賀由美子

野々宮を過ぎてはげしき竹落葉/鳥井月清

野の宮は竹落葉するばかりなり/石井露月

野良猫子連れ何時も踏みくる竹落葉/篠原

俳句例:81句目~

中途よりついとそれたる竹落葉/高濱虚子

竹落葉掻きては額の根に寄する/石川桂郎

竹落葉同じところに覆へりけり/永田耕衣

音熄むと時ゆたかなり竹落葉/櫛原希伊子

竹落葉しめしめと膝痺れくる/長谷川秋子

竹落葉きりきり山気ふかまりぬ/山口草堂

竹の葉さやさや人恋しくて居る/尾崎放哉

小さい墓やな竹落葉つもるまま/臼田亜浪

ひめやかに散り加はりぬ竹落葉/西村和子

執念を捨てよ捨てよと竹落葉/河野多希女

喪のひとのときに咳く竹落葉/柴田白葉女

竹の葉散る名利の塵を払ふかに/高澤良一

とめどなくなりし月夜の竹落葉/鷲谷七菜子

竹落葉あひる汚れて飼はれけり/成瀬桜桃子

母の香水捨てて噎せるや竹落葉/鳥居美智子

月光菩薩見つめたまふと竹落葉/鳥居美智子

思ひ出すやうに散るなり竹落葉/久永雁水荘

竹落葉してふるき日のかかりけり/永田耕衣

竹落葉空つつ抜けでありにけり/吉田きよ子

仮名散らすかにひらひらと竹落葉/岡崎鶴子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ