季語/紅葉鮒(もみじぶな)を使った俳句

「紅葉鮒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「紅葉鮒」について

【表記】紅葉鮒

【読み方】もみじぶな

【ローマ字読み】momijibuna

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「も」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

紅葉鮒を含む俳句例

あらめ橋かかる所や紅葉鮒/宗因

鉄橋の影に怯えて紅葉鮒/長田等

塩鯖と何れか動く紅葉鮒/上島鬼貫

少年の籠軽からず紅葉鮒/田村木国

此度はぬたに取あへよ紅葉鮒/重頼

あか棚やまだ生きて居る紅葉鮒/嵐竹

川底を太刀光りして紅葉鮒/藤間蘭汀

水底に風あるごとし紅葉鮒/横山嘉子

犬も来て覗くや籠の紅葉鮒/鈴木公二

盤石の上に現はれ紅葉鮒/黒田桜の園

紅葉鮒色とりどりに重の物/高浜虚子

閼伽棚やまだいきて居る紅葉鮒/嵐竹

この度はぬたにとりあへよ紅葉鮒/重頼

田が見えて泊り二人に紅葉鮒/野澤節子

紅葉鮒不覚の波を立てにけり/井桁白陶

紅葉鮒夜を徹しゐる村芝居/加藤三七子

紅葉鮒打つて泪のごときもの/瀧澤和治

紅葉鮒落葉のごとく狂ひけり/遠藤仰雨

紅葉鮒釣れて桟橋すたれけり/竹中春男

藻どころに釣れて平たき紅葉鮒/上村占

俳句例:21句目~

野に山に石が貌出す紅葉鮒/岩淵喜代子

膝に手をあてて見入つて秋の鮒/小澤實

からだ中ゆすり泳げる紅葉鮒/両角竹舟郎

此のたびはぬたに取りあへよ紅葉鮒/重頼

紅葉鮒そろ~比良の雪嶺かな/松根東洋城

紅葉鮒水の青さが手になじむ/吉岡富士洞

かたまつて日の斑つつけり紅葉鮒/関戸靖子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ