季語/海鼠(なまこ)を使った俳句

「海鼠」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「海鼠」について

【表記】海鼠

【読み方】なまこ

【ローマ字読み】namako

子季語・関連季語・傍題・類語など

・このこ(このこ:konoko)

・海参(いりこ:iriko)

・熬海鼠(いりこ:iriko_)

・とらご(とらご:torago)

・とうらご(とうらご:torago_)

・きんこ(きんこ:kinko)

・海鼠突(なまこつき:namakotsuki)

・海鼠売(なまこうり:namakori)

・海鼠舟(なまこぶね:namakobune)

季節による分類

・「な」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

海鼠を含む俳句例

屋の昔や暗き海鼠桶/石川桂郎

頭から蒲団被りし海鼠哉/清泉

売々て一つ凍える海鼠哉/来爾

月雪の身を香に匂ふ海鼠哉/士巧

月雲の身を香に匂ふ海鼠哉/士巧

二つ程拾ひ海鼠の黒奴/高澤良一

憂ことを海月に語る海鼠哉/召波

水底も秋経し色や初なまこ/野坡

海鼠また此巌蔭に雌伏せる/虚子

むくつけき海鼠そ動く朝渚/露沾

水底の海鼠にあたる海鼠哉/買明

俳諧の腸絞る海鼠を前/高澤良一

海鼠舟潮暗しとて引返す/阿部三

石鉢に寒さをすくむ海鼠哉/老鼠

海鼠腸の壺埋めたき氷室哉/利重

海鼠突巌の如き顔をせり/大串章

なまこ壁繕ってある冬構/高橋悦男

松とれし下田や遺る海鼠壁/貞弘衛

ころりんと渚に海鼠波枕/高澤良一

黄昏に踊る海鼠と女かな/仙田洋子

俳句例:21句目~

懸命に海鼠の口を探しけり/原田喬

漁れる海鼠百貫石鏡海女/宮田正和

滾々と水湧き出でぬ海鼠切る/百間

うか~と海月にましる海鼠哉/車庸

海鼠噛む遠き暮天の波を見て/龍太

浜庇串海鼠の階子掛けにけり/難会

いきながら一つに冰る海鼠哉/芭蕉

酌む汐にころけ入べき海鼠哉/利雪

返照の一点ゆらぐ海鼠突/前田鶴子

初市や海鼠一籠隅にあり/青木月斗

海鼠噛む汝や恋を失いて/西東三鬼

古びたる船板に置く海鼠かな/草城

古湯婆形海鼠に似申すよ/正岡子規

味はうて石翁の海鼠の句/高澤良一

こき~と海鼠を洗ふ鰯雲/萩原麦草

こぞりあふ寒さも桶の海鼠哉/万吉

竜宮の天井裏に海鼠かな/高桑化羊

礁壷覗き移りて海鼠突く/水見句丈

海鼠切ることに器用を働かせ/敦子

海鼠噛み運鈍根の根に執す/下田稔

俳句例:41句目~

糶声に何か呟く海鼠かな/大橋敦子

海鼠突く一人一舟傾けて/稲畑汀子

尾頭のこゝろもとなき海鼠哉/去来

尾頭の心もとなき生海鼠かな/去来

山妻の海鼠食うたる高鼾/高澤良一

干潟には赤濁の波海鼠突く/貢太郎

海鼠拾ふ相州の浜その昔/高澤良一

梅林を上りてきたる海鼠捕/斉藤夏風

一念の凝りて海鼠や桶の底/奥坂まや

一通り聞きて入院梅雨海鼠/高澤良一

酢瓶いくつ最昔矢岐の大生海鼠/松意

海鼠喰ふ変哲もなき男にて/宮慶一郎

海鼠食ひし男まぎれぬ街の燈に/展宏

酢海鼠や桂郎酒筆讃へつつ/福永耕二

人間の海鼠となりて冬籠る/寺田寅彦

今生のわれと深間の海鼠かな/島将吾

海鼠舟竿しなはせてあやまたず/時彦

階段が無くて海鼠の日暮かな/橋間石

信綱忌伊勢の海鼠の夕星色/塚本邦雄

あぐる竿急や海鼠の突けたらし/播水

俳句例:61句目~

冬浅し曲りてもまた海鼠壁/芝山吉宣

波いなす櫂は左手に海鼠つき/清田根

凩に生きて届きし海鼠かな/石井露月

引汐に引き残されし海鼠哉/正岡子規

いつ見ても濡身のまゝの海鼠哉/馬光

身を守る尖ともみえぬ海鼠哉/炭太祇

観念し海鼠の吐ける泥の量/高澤良一

千百里漂ひ来る海鼠かな/河東碧梧桐

半鐘のいぼいぼ凍る海鼠かな/龍岡晋

うかうかと海月に交る海鼠かな/車庸

海鼠割く女だてらに隠し酒/中山天剣

俎板に這ふかとみゆる海鼠かな/太祗

裏返し海鼠の何だこの突起/高澤良一

海鼠腸の瓶厚硝子海鼠腸みゆ/小澤實

うすずみに寒の海鼠の深ねむり/治司

古妻も出刃も海鼠も仏かな/野村喜舟

蜑老いぬ根つき海鼠を突きながら/元

蜆子にも逢はで漂ふ生海鼠かな/蓼太

避雷針高々とある海鼠かな/岸本尚毅

芭蕉の句屹立しくる海鼠かな/上村占

俳句例:81句目~

心配はご無用顔の海鼠とも/高澤良一

舟よりも長き棹繰り海鼠突/野村能邨

聖者の訃海鼠の耳を貫けり/前田普羅

老子虚無を海鼠と語るの棚/寺田寅彦

海中へのめる寸前海鼠突く/衣川砂生

一口に海鼠の色の言ひ難し/山崎房子

夕されば海はしぐれぬ海鼠売/掬池路

無為にして海鼠一万八千歳/子規句集

海鼠噛む顔を四角に三角に/高澤良一

海鼠今松葉しぐれて桶の中/松瀬青々

海鼠突舟炉煙らせつゝ漁る/徳永玄子

潮満ちて海鼠最も油断の時/津田清子

礁の間に長き舳や海鼠舟/楠目橙黄子

海底の火の山ねむる海鼠かな/龍岡晋

なまなかに海鼠の眼覚束な/佐藤紅緑

寄れ枕ふり海鼠になりし鼠かな/秋色

硬直の酢のもの海鼠勘弁な/高澤良一

手掴みに海鼠秤るも磯の市/鷹野清子

砂の中に海鼠の氷る小さゝよ/碧梧桐

清見寺知識に参ず海鼠かな/尾崎迷堂

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ