季語/夏帽子(なつぼうし)を使った俳句

俳句例:101句目~

夜学子の夏帽遅き灯に戻る/石塚友二

界隈に職いぶかられ夏帽子/亀井糸游

眼前に海夏帽子とびたがる/峯尾秋翠

夏帽子北へ流されゆく速さ/対馬康子

六角堂の一柱に倚る夏帽子/中嶋秀子

共稼ぎ左右にわかれ夏帽子/出井哲朗

磯釣りの麦稈帽子覚えあり/間嶋茂男

空海の山へ分け入る夏帽子/福沢義男

千年やそよぐ美貌の夏帽子/攝津幸彦

端座して腰の上なる夏帽子/岩田由美

夏帽子時間表など永久の旅/河野扶美

夏帽子浜に見うけし人なれど/上村占

口笛や火宅の人の夏帽子/中村わさび

綿津見に捧げる花よ夏帽子/柴田奈美

夕山に対ふ夏帽地に伏せて/木村蕪城

吾子や今少年時代夏帽子/青葉三角草

肝癪の良人うらくし夏帽子/久米正雄

夏帽子鰻と化けし大暑かな/高橋睦郎

夏帽のたがひに無縁墓裏に/古館曹人

夏帽子替へて遊ぶ日働く日/安原春峰

俳句例:121句目~

夏帽をわきばさみ見る聖餐図/横山白虹

夏帽子被れというに首を振る/高澤良一

女医として慣れし往診夏帽子/大田春子

この国の竹の夏帽買ひかむる/直原玉青

しなやかに夏帽子ゆく杉の谿/桜井博道

夏帽を岳陽今年きつと買はむ/石川桂郎

もうあんな所歩いて夏帽子/今井千鶴子

夏帽子地球の裏へ逢ひにゆく/山田弘子

太陽を恋ふわたくしも夏帽も/山田弘子

カンカン帽脇に置く蘭学事始/松山足羽

夏帽を目深に一樹たらんとす/熊谷愛子

バスの棚夏帽のよく落ること/高濱虚子

夏帽子膝にのせ聞く法話かな/石井邦雄

夏帽子目深に泣いてゐるやうな/辻桃子

夏帽子うつむいて鼻うつくしき/大串章

ピカソみる同じ傾斜の夏帽子/鶴田恭子

天体のくらみをめでて夏帽子/飯田蛇笏

大いなる夏帽吹かれ渡舟着く/山田弘子

密林のしたゝる露や夏帽子/佐野青陽人

世の友に交はりてゆく夏帽子/村越化石

俳句例:141句目~

乗船の夏帽の縁はしやぐかな/西村和子

九十九里浜にかさねし夏帽子/仙田洋子

予想屋の目深くかぶり夏帽子/兜木総一

伊能図を見る旅に出る夏帽子/西原桃代

個展終ヘパリより帰国夏帽子/山田弘子

六地蔵の一体目深に夏帽載せ/北野民夫

夜を来て夏帽白き置かれけり/高橋馬相

十の余も若く見られし夏帽子/川村紫陽

夕映えに一人づつおく夏帽子/有泉公子

反抗期子は夏帽を眼深にし/柴田白葉女

夏帽子こめかみ深く旅出づる/澤木欣一

夏帽子たまには雲を被らうか/仙田洋子

夏帽子ぬぐや睡蓮すでに夜/大谷碧雲居

夏帽子のみが新し子は旅ヘ/石田あき子

夏帽に二つ買ひけり夏蜜柑/岡本癖三酔

夏帽に仮の鴉の降り来たる/宇多喜代子

夏帽に應はぬものは不惑かな/高橋睦郎

夏帽子ひらりひらりと磴登る/行方克巳

夏帽に雀のこゑの靄ふかき/金尾梅の門

夏帽子帰りの舟の大揺れに/島田たみ子

俳句例:161句目~

手つなぎて同じ背丈の夏帽子/西村和子

朽ちたれど佛國製の夏帽なり/寺田寅彦

磐梯の没り日まぶしみ夏帽子/椎橋清翠

昇降機夏帽の人と灯り去る/池内友次郎

夏帽子鏡の中に入りきれず/猪俣千代子

桐の花はや夏帽のひとゆけり/中尾白雨

源流へ一歩踏み出す夏帽子/中江はるみ

紅唇のはみ出してをり夏帽子/横原律子

潔癖の目をみはりゐる夏帽子/老川敏彦

火の山の匂ひを残す夏帽子/小泉八重子

置いてある麦稈帽を虻めぐる/大熊輝一

老人が被つて麦稈帽子かな/今井杏太郎

耳隠るまで冬帽子かぶせやる/西村和子

聖ドミニコ学園に入る夏帽子/原田青児

最上川乗りて夏帽小さく座す/桜井博道

夏帽のわが職罪につながるや/小林康治

夏帽子家鴨一羽になつかれて/山田弘子

夏帽子黒を自信の色として/小田三千代

夏帽の大阪訛りより買ふ絵/鈴木しづ子

夏帽の少しの影に支えらる/細木芒角星

俳句例:181句目~

誰も彼も夏帽婦人となりて銀座/及川貞

生徒率て海越ゆるべく夏帽子/友岡子郷

母と子の夏帽重ねおくベンチ/山田弘子

汚れたる夏帽街の似顔画師/成瀬正とし

故里に禰宜とし帰る夏帽子/石川冨美子

鎌倉へはや夏帽子かぶりそめ/吉屋信子

夏帽や太眉秘めて一文字/竹下しづの女

海に潜り麦稈帽は岩に置く/田川飛旅子

夏帽の白きが夜をへだて去る/石原八束

青げらは汝が夏帽を笑ふらし/福永耕二

静けさに声あげている夏帽子/田沼文雄

鞍馬芹生花背を過ぎぬ夏帽子/長谷川櫂

夏帽の老家扶の頸細きかな/島村元句集

風蝕の岩をはなれし帥の夏帽/萩原麦草

夏帽や暮れてしばしの町往来/島田青峰

夏帽の三年にして焦げにけり/中村楽天

鳥影を追ふ夏帽の縁あげて/ふけとしこ

夏帽子風がめくりぬ旅の顔/小檜山繁子

麦稈帽のまま入り厠暗くしぬ/大熊輝一

夏帽の膝より落ちし伽藍かな/依光陽子

タイトルとURLをコピーしました