季語/夏帽子(なつぼうし)を使った俳句

「夏帽子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏帽子」について

【表記】夏帽子

【読み方】なつぼうし

【ローマ字読み】natsuboushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏帽(なつぼう:natsubo)

・パナマ帽(ぱなまぼう:panamabo)

・カンカン帽(かんかんぼう:kankambo)

・麦稈帽(むぎわらぼう:mugiwarabo)

・経木帽(きょうぎぼう:kyogibo)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏帽子を含む俳句例

夏帽子膝に抱きて電車人/篠原

夏帽子大国主命かな/川崎展宏

校長の机の上の夏帽子/岩田由美

夏帽子買つて大きな紙袋/小島健

天竜の嶺強く見る夏帽子/松澤昭

絹の道麦稈帽を重ね売る/日原傳

鳥葬を望む女の夏帽子/大西泰世

夏帽に屋上園の花芭蕉/石原舟月

物産の陳列場の夏帽子/京極杞陽

船窓に頬つけ膝に夏帽子/辻桃子

夏帽を膝に遊ばせ空の旅/杉本寛

花棕梠や園丁つとに夏帽子/篠原

島巡る船船長の麦稈帽/茨木和生

高原へ少女多情の夏帽子/対馬康子

夏帽のあふぐ山寺案内図/高澤良一

夏帽子大桟橋の端に彳ち/西村和子

二三日おのが頭の夏帽子/永井龍男

夏帽子林に入りて光りけり/大串章

定年で無冠離せぬ夏帽子/望月哲土

夏帽子かぶり鏡の奥へ旅/大塚邑紅

俳句例:21句目~

夏帽の縁に小さき名遺せし/石寒太

うら若き検診員の夏帽子/高橋恭子

先哲の墓に詣るや夏帽子/前田普羅

夏帽の縁固くして人嫌ひ/大石悦子

夏帽や人の好みの面白く/星野立子

夏帽や今年銀座に柳無し/島田青峰

夏帽や保養一念に湖辺宿/飯田蛇笏

岬鼻を目指す女の夏帽子/館岡沙緻

出張の夫に手渡す夏帽子/沼尻ふく

夏帽や故郷を望む舟の中/赤木格堂

手にとれば月の雫や夏帽子/泉鏡花

夏帽子深くかむりて志す/宮田安子

屋根師かな夏帽を世に魁けて/林翔

故郷の艀舟嬉しき夏帽子/会津八一

朝戸出や夏帽の裏美しく/久米正雄

歳月は砂山となる夏帽子/対馬康子

皆海に向ひて座る夏帽子/稲畑汀子

眼中に半円の海夏帽子/上田日差子

睡蓮の橋ふむ人や夏帽子/会津八一

奥蝦夷の旅に邂逅夏帽子/高濱年尾

俳句例:41句目~

矍鑠と歩み去年の夏帽子/永井龍男

夏帽の下の口髭零落す/榎本冬一郎

秩父バスの最後部席夏帽子/石寒太

船腹の絶壁なせり夏帽子/行方克巳

草木にうもるゝ庵の夏帽子/原石鼎

声援や顔に影さす夏帽子/対馬康子

草高し蝶夏帽を慕ひ飛ぶ/久米正雄

軽口の弾みて父の夏帽子/作田幸子

雑踏を一直線にパナマ帽/山田一男

夏帽に余る空あり海の旅/鈴木昌平

夏帽に兄弟面テ並べけり/増田龍雨

夏帽子風の日は耳大きかり/中条明

雲海の上膝に置く夏帽子/松山足羽

大岩にさすらい人の夏帽子/徳弘純

露次ぐちや女の袖に夏帽子/泉鏡花

夏帽子夏手袋と卓の上に/椎橋清翠

一円を拾ふ勇気の夏帽子/大東晶子

夏帽に白雲遠く望みけり/島田青峰

駅前の一樹に集ふ夏帽子/嶋田麻紀

戴けり麦稈帽のうへの空/鈴木しげを

俳句例:61句目~

通園の母子夏帽欠かせぬ日/高澤良一

遠い日の雲呼ぶための夏帽子/大牧広

いく度も鏡の前に夏帽子/萩原まさえ

夏帽や女は馬に女騎り/竹下しづの女

応援の人文字を描く夏帽子/三村純也

島近し船室を出る夏帽子/木暮つとむ

島旅に求めてよりの夏帽子/茂里正治

お隣へ遊びに行くも夏帽子/岩田公次

頂きの風の強さよ夏帽子/岡本癖三酔

夏帽に眼の黒耀や恋がたき/飯田蛇笏

島の日の強し麦稈帽子買ふ/藤木和子

夏帽子喃語に耳を傾けて/菅野多賀江

山越える山のかたちの夏帽子/桂信子

山国や黒きリボンの夏帽子/岸本尚毅

てっぺんの破れた父の夏帽子/穴井太

麦稈帽湯屋まで遠き谷下る/清水基吉

麦稈帽鍔広にして牧婦なり/高浜年尾

上野とはおそろしき町夏帽子/皆吉司

夏帽子船出の海の青さかな/松本正弘

オリーブの銀緑叢中夏帽子/福永耕二

俳句例:81句目~

子に遅れ歩む楽しさ夏帽子/西村和子

黒もまた涼しき色よ夏帽子/野坂安意

夏帽の笑顔瞼にありて亡き/加藤楸邨

放浪の一夏帽子の型保てず/細谷源二

夏帽子壁炉の上に誰のもの/高澤良一

夏帽の紐など噛むや余所心/星野麦人

遠くより夫人と解る麦稈帽/椎橋清翠

断崖に人生濃ゆく夏帽子/梶山千鶴子

断崖の上に手を振る夏帽子/荒船青嶺

夏帽のリボンたがへて姉妹/千原叡子

夏帽子瀬音へ忘れ来て遠し/都筑智子

天平の礎石に置ける夏帽子/小島和子

夏帽子鏡の中に納まらず/深町まさこ

海猫去りし島ほとりなる夏帽子/原裕

涼趁うて埠頭の闇や夏帽子/飯田蛇笏

混血の眉目秀でし夏帽子/勝山/呉泉

渚まで舟かつぎゆく夏帽子/佐川広治

火の山の裾に夏帽振る別れ/高浜虚子

男らにむしろ廃れぬ夏帽子/石塚友二

町暗し夏帽子売る店の灯も/木村蕪城

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ