季語/夏神楽(なつかぐら)を使った俳句

「夏神楽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏神楽」について

【表記】夏神楽

【読み方】なつかぐら

【ローマ字読み】natsukagura

子季語・関連季語・傍題・類語など

・名越の神楽(なごしのかぐら:nagoshinokagura)

・夏越神楽(なごしかぐら:nagoshikagura)

・河社(かわやしろ:kawayashiro_)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

夏神楽を含む俳句例

夏神楽舞ふ狩衣に白袴/見浦町子

川かぜも松風も来て夏神楽/井月

はだか身に神うつりませ夏神楽/蕪村

けふ来ても何の伝受か夏神楽/斯波園女

夏神楽空を打ちつつ鈴鳴らす/菅原鬨也

夏神楽風の如くにたぢからを/川崎展宏

早池峯に幕ぱつと割れ夏神楽/藺草慶子

朴の木は風に富むなり夏神楽/藤田湘子

夏神楽笛の少女はふはと座す/鍵和田?子

山風に笛ひょろひょろと夏神楽/木村蕪城

川風にそよぐにぎてや夏神楽/高橋淡路女

帯に手をかけて見てをり夏神楽/関戸靖子

朝星の消ゆるともなし夏神楽/神尾久美子

流れ藻の立ち上がりたり夏神楽/雨宮きぬよ

長い手を延ばして涼し夏神楽/素檗「素檗句集」

禰宜呼びにゆけば日の入る夏神楽/桃隣「陸奥鵆」

背の杜に夜鳥啼くあり夏神楽/中田余瓶「百兎集」

若禰宜のすがすがしさよ夏神楽/蕪村「夜半叟句集」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ