季語/夕凪(ゆうなぎ)を使った俳句

「夕凪」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夕凪」について

【表記】夕凪

【読み方】ゆうなぎ

【ローマ字読み】yunagi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夕凪ぐ(ゆうなぐ:yunagu)

季節による分類

・「ゆ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

夕凪を含む俳句例

夕凪や仏勤めも真つ裸/寸七翁

夕凪の瀬尻は水の性つよし/龍太

夕凪の雲美しく寒の果て/原石鼎

夕凪や菊畑の人ものをいふ/有風

夕凪に油槽つむあつさかな/几董

夕凪やのこぎりでひく大鮪/盤水

草屋根の丹波夕凪蜆蝶/斉藤夏風

夕凪や使はねば水流れ過ぐ/耕衣

播州の夕凪桃を見て来たり/魚目

どの家もいま夕凪の伊予簾/つる女

夕凪の茄子一鉢の艀に老ゆ/中拓夫

夕凪や赤錆しるき帰港船/松本幹雄

夕凪や推理小説あと一行/油井和子

夕凪や裸をあぶる火の匂ひ/瀧春一

夕凪に乳啣ませてゐたるかな/正雄

夕凪や抜け道多く漁師町/松本末生

夕凪やとぶ鯔とわが櫂の音と/柳芽

夕凪に鎌倉垣の厚さかな/久米正雄

夕凪や瘤太りだす駱駝像/加藤三陽

夕凪や歩いて渡る神の島/磯野充伯

俳句例:21句目~

夕凪や母とありにし真桑瓜/森澄雄

白扇や筑紫の海の夕凪に/野村喜舟

旅三日夕凪地獄三日かな/草間時彦

夕凪の海を踊の国に来し/西本一都

夕凪や髯美しき機関長/今井杏太郎

夕凪や釣舟去れば涼み舟/杉田久女

夕凪や舟屋に舟の一つづつ/上森成子

夕凪や船客すべて甲板に/五十嵐播水

夕凪や蟷螂鎌を嘗むる也/島村元句集

夕凪や風帆十九までかぞへ/鷹羽狩行

夕凪村赤松がまづ赤くなり/桜井博道

夕凪にわれは嘴もちてをり/飯島晴子

大阪の夕凪に馴れ簾捲く/大橋越央子

夕凪に癩船重く離れけり/八木三日女

暖かやとく夕凪げる杉の幹/中島月笠

海夕凪海に氓びしものの墓/内藤吐天

夕凪に鼻先そろふうからたち/松澤昭

夕凪のあとたゝ白し秋の海/尾崎紅葉

錦鯉の背すじ透りて夕凪す/松村蒼石

青蜜柑はたと夕凪の村となり/中拓夫

俳句例:41句目~

夕凪の垣沿ひに尨犬毛を垂れて/槐太

夕凪の豊後に豊後風土記あり/藤小葩

夕凪はしづか帰山の僧一列/松村蒼石

夕凪や三日月見ゆる船の窓/子規句集

夕凪や入江に舟の舫ひせる/田中冬二

夕凪や坐りて暗き漁夫の母/谷野予志

夕凪や独語ひとつに砂うごく/岸田稚

夕凪や弥撒の戻りの小買物/野中亮介

夕凪や浜蜻蛉につつまれて/臼田亞浪

夕凪や湧水靄を生みやまず/高濱年尾

夕凪や畳に塩をこぼしたる/岸本尚毅

夕凪や磯山紅葉日を溶かす/幸田露伴

夕凪の海岸道路出来つゝあり/高浜年尾

夕凪の椅子引き上げる椅子の塔/竹中宏

夕凪ぎて原子禍の町音絶えし/石原八束

夕凪や旅の小荷物手にさげて/村山古郷

桟橋に出て夕凪の団扇かな/水原秋桜子

夕凪に月も照り添ふ波頭かな/久米正雄

汗涌くや夕凪の稲すく~と/佐野青陽人

夕凪に菩提樹の実の飛行せり/永田耕衣

俳句例:61句目~

夕凪のいま西へ行く舟ばかり/下村梅子

夕凪やまどかに浮ける大海月/日野草城

夕凪や人は故郷を捨てて佇つ/小澤克己

夕凪や寄居虫穴を出てあそぶ/甲賀山村

夕凪の黐木斛にきはまりぬ/渡邊千枝子

夕凪や菰に包みしもの抱へ/白石喜久子

夕凪や渡れば橋の長きこと/佐々木六戈

夕凪の人泣きにゆく墓の前/宇佐美魚目

夕凪の遂に女類となるを得ず/永田耕衣

夕凪の草に寐に来る蜻蛉かな/寺田寅彦

夕凪のますほの小貝見当らず/清水基吉

夕凪や宇宙にいくつ水の星/松山ひろし

夕凪を客にわびつつ簾捲く/五十嵐播水

夕凪や烏賊の胎児の瞳は緑/奥野曼荼羅

夕凪や島にとろりと灯のつきぬ/きくほ

夕凪の汐汲みあげて舟洗ふ/広瀬河太郎

ふくらんで夕凪となる酵母かな/和田悟朗

夕凪ぎて荒布いろなる家の中/福田甲子雄

夕凪にもう電飾のトラック部隊/横山白虹

夕凪に脛まで濡らし桶あらふ/ほんだゆき

俳句例:81句目~

夕凪や行つたり来たり撒水車/田中田士英

夕凪の濃さに息づくカンナかな/久米正雄

怠惰また身を守るすべか夕凪す/草間時彦

神楽師を訪ふ夕凪のひとり舟/能村登四郎

空梅雨の夕凪ぐ漁家の竃火かな/西島麦南

箒木に夕凪ぎて月出でにけり/岡本癖三酔

毛虫焼くいくさの暇の夕凪に/殿村莵絲子

夕凪や舟に目出たきあふり烏賊/榎本好宏

夕凪のおもさ病者が死を待つとき/松村蒼石

夕凪や垂乳あらはにゆきかへる/吉岡禅寺洞

夕凪強しわが身はわが手で洗はねば/北野民夫

はたと夕凪さまざまの恩胸に沁む/榎本冬一郎

高野夕凪ほたるぶくろを吹いて来よ/村越化石

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ