季語/夏の潮(なつのしお)を使った俳句

「夏の潮」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏の潮」について

【表記】夏の潮

【読み方】なつのしお

【ローマ字読み】natsunoshio

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏潮(なつじお:natsujio)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の地理」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏の潮を含む俳句例

門前に瀬戸の青潮花御堂/昭彦

夏潮を蒼し蒼しと盥舟/桂信子

夏潮に一直線に出漁す/星野椿

夏潮に渦の一眼光りけり/上村占

夏潮の谺がこだま生む岬/上村占

南国の太陽微塵青葉潮/吉原文音

垂直に巌水平に夏の潮/後藤比奈夫

岬々に鳶の主ゐて鰹潮/鳥居おさむ

碧濃き夏潮に言奪はれし/西村和子

青潮のもまれ躍れり鰤と見ゆ/里石

あと一駅の夏潮の匂ひかな/増田守

夏潮に道ある如く出漁す/稲畑汀子

縞なす青潮一老まじる鰹船/飴山實

夏潮の青が青生む楸邨忌/松田淳子

夏潮のいま龍眼の渦を巻く/上村占

鰹潮とどろき燈台屹立す/中村明子

神島を浮べて迅し青葉潮/宮下翠舟

夏潮を来て知床の鮭番屋/高濱年尾

太陽の下に夏潮蒼さ増す/大橋敦子

空室を夏潮の音巡るかな/四ッ谷龍

俳句例:21句目~

夏の潮ランチに移る時蒼し/富安風生

竿上げてちぬの青潮船移す/石川桂郎

聖母月青嶺青潮あひ響き/伊丹さち子

青潮に出て弓なりや雪解水/羽部洞然

夏潮の今退く平家亡ぶ時も/高濱虚子

青潮に霰溜め浮きラワン材/木村蕪城

高々と青潮寄せぬ人丸忌/大峯あきら

青潮にうもれ秋晴れの島々/内藤吐天

凡家族たり夏潮に臍浸けて/清水基吉

夏潮の洗へる巌の赤さかな/山本洋子

夏潮の真鯛ぞ秘めし沖生簀/石塚友二

国後は見えず夏潮隔てたり/高浜年尾

夏潮や浮桟橋の揺れやまず/満田玲子

夏潮や睫毛も長く眺め入る/会津八一

鳶の影鷹となりゆく青葉潮/古舘曹人

外海に近き夏潮荒れて来し/稲畑汀子

巌頭に夏潮を見る人小さし/原田一郎

砂も家も白し夏潮ただ青く/本田花女

死蟹も底くぐりけり青葉潮/平井照敏

生垣のまぶしくなりぬ青葉潮/檜紀代

俳句例:41句目~

磯鵯の一閃ふかき青葉潮/古賀まり子

象岩の鼻先たたく青葉潮/上田日差子

青葉潮万智の歌誦す変声期/吉原文音

青葉潮船に炊ぎの火を熾す/池田秀水

夏の潮大きく引きぬ伊勢白子/宇佐美目

夏の潮水平線を盛り上げて/柳沢たみ子

わが胸を浸し夏潮いま高し/池内友次郎

夏潮を煽るウミシダ胸の透く/高澤良一

青葉潮出土の印の蒙古文字/伊藤いと子

青葉潮沖しろがねに鑑真忌/真下としを

二十歩に左舷夏潮彩ちがふ/中戸川朝人

夏潮を出てべんべんと蜑の腹/飯田蛇笏

夏潮となりゆく青き一うねり/倉田紘文

冬晴の青潮もよし石蕗もよし/中村三山

夏潮にはじまる旅の一ページ/稲畑汀子

北海の青潮下に枇杷ちぎり/鈴鹿野風呂

灌仏に青潮さはりなくながれ/友岡子郷

夏潮に光となりし涯ありぬ/加倉井秋を

夏潮や遠き一鵜を恋ふ目して/小林康治

夏潮の輝くデツキゴルフかな/京極杞陽

俳句例:61句目~

国境といはれ夏潮あるばかり/稲畑汀子

夏潮に漁港の街は弧をなせり/内藤吐天

隠岐の夏潮とは地図の海の色/芦高昭子

夏潮に鯨きてをりデスマスク/岡田省二

青潮に石花菜の花は深けれど/山口誓子

わが夢のうちを流れぬ青葉潮/仙田洋子

夏潮のひびくは光発しをり/櫛原希伊子

夏潮の力もらひて生まれ来よ/仙田洋子

夏潮の断崖にわが供華は赤/大峯あきら

夏潮の次の任務へ発つランチ/高濱年尾

夏潮を蹶つて戻りて陸に立つ/高浜虚子

青潮のしづけさ水母舞ひ移る/堀口星眠

操舵室より夏潮のほかは見ず/若林蕗生

夏潮は白し母と子相距て/竹下しづの女

青潮の底まで見えて鱚を釣る/玉木嘉一

夏潮や柵正しくて畫にならず/津田清子

青葉潮みちくる一期一会かな/細見綾子

クナシリは見えず夏潮隔てたり/高濱年尾

両津の灯夏潮荒れしまゝ暮れぬ/高木晴子

喇叭鳴るよ夏潮の紋条相重なり/金子兜太

俳句例:81句目~

夏潮にかくるる巌をわたる海女/橋本鶏二

夏潮にぽっかり泛きて松ぼくり/高澤良一

夏潮に打ちあげられしますほ貝/高木晴子

夏潮に死火山の枯れかがやけり/石原舟月

夏潮に海女はみどりとなり沈む/牧野春駒

夏潮のうねりぞ遠き日のうねり/横山房子

日の入りしより夏潮の匂ひ濃き/中村清子

青葉潮ひびく月夜となりにけり/三上良朗

老いられぬ夏潮のかく溢れては/清水径子

夏潮の目路の限りのきらめける/西村和子

昆布を採る身に青潮を溢れしめ/菊地滴翠

青潮に炬火抛げ和布刈神事果つ/横山房子

海鼠なり青潮の底揺すれるは/杉田智栄子

ソドム見え青潮に浮く縄梯子/八木三日女

夏潮の瑠璃しんしんと菊が浜/鈴木しげを

青葉潮ピアスきらりと稽古海女/大東晶子

青潮へ散る日をおもふ夕ざくら/大島民郎

青潮ようたたねの妻洗いざらす/伊藤淳子

青潮をうつむきながめ啄木は/瀧澤伊代次

夏潮の音よぶ雲の生れけり/久保田万太郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ