季語/線香花火(せんこうはなび)を使った俳句

「線香花火」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「線香花火」について

【表記】線香花火

【読み方】せんこうはなび

【ローマ字読み】senkohanabi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・手花火(てはなび:tehanabi)

・花火線香(はなびせんこう:hanabisenko)

・鼠花火(ねずみはなび:nezumihanabi)

・庭花火(にわはなび:niwahanabi)

季節による分類

・「せ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

線香花火を含む俳句例

稲に線香花火見せている/森命

夕涼み線香花火の匂ひかな/正岡子規

庭に出て線香花火や雨上り/星野立子

庭石に線香花火のよべの屑/高野素十

消え際の線香花火の柳かな/鈴木花蓑

砂の上に醒めて線香花火屑/高澤良一

線香花火踊る小松葉大松葉/高澤良一

風を圍ふ線香花火の端居哉/正岡子規

水無月と別るる線香花火かな/中村汀女

父母のなき子に花火線香買ふ/阿部小壺

線香花火終の柳は公家のひげ/高澤良一

老いの手の線香花火山犬吠え/西東三鬼

誰となく代りて線香花火かな/鈴木花蓑

風の来て花火線香の玉落ちた/高木晴子

手掛りとしての線香花火かな/みよし節子

線香花火一本頒けてもらひけり/高澤良一

手にしたる線香花火よくひらく/堀谷/鋭子

明日来ると言う子に線香花火買う/泉元俊行

留守の子の線香花火をともすらむ/中村汀女

終はらないで線香花火終はらないで/辻桃子

俳句例:21句目~

線香花火の火の玉落つる故郷なし/稲野博明

線香花火果てし意中の火玉かな/櫛原希伊子

線香花火のいのちの玉を落としけり/山本満義

線香花火持つ子が母に顔寄せてゐる/大橋裸木

線香花火じゅじゅじゅじゅじゅじゅと牡丹より/高澤良一

膝の子や線香花火に手をたゝく/一茶/文政四年辛巳

とほき恋ぷつんと線香花火落つ/岐志津子「駆けてきて花野」

線香花火颯としやしやりとつかまつる/山上樹実雄「四時抄」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ