季語/夏帯(なつおび)を使った俳句

「夏帯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏帯」について

【表記】夏帯

【読み方】なつおび

【ローマ字読み】natsuobi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・単帯(ひとえおび:hitoeobi)

・一重帯(ひとえおび:hitoeobi_)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏帯を含む俳句例

鳥雲に長野は水の一重帯/裕

舷に後ろ姿の単帯/今井つる女

単帯男結びに夕支度/本多芙蓉

午寝人腰ほそ~と一重帯/原石鼎

夏帯に匂袋の紅のぞく/山田弘子

夏帯の数に昔の恋の数/武居國子

夏帯をしめ一本の舞扇/秋吉花守

たてとほす男嫌ひの単帯/杉田久女

今年また仕事窶れの単帯/小坂順子

単帯気持は門を走り出で/池田澄子

一重帯日暮の川の跳べり/菅原鬨也

夏帯の少し細目の男かな/京極杞陽

夏萩や細腰を巻く一重帯/西島麦南

露草をみづから描きし単帯/森田峠

本当は淋しがり屋の単帯/山田弘子

夏帯や女の強気しかと締め/柏村誠子

夕波のしらじらとある単帯/根岸善雄

夏帯や流るる渦を背に腹に/野村喜舟

単帯をとこ結びに日曜日/鈴木真砂女

夏帯や働き疲れ気の疲れ/鈴木真砂女

俳句例:21句目~

夏帯の単色は吾が性となり/細見綾子

夏帯の女に赫つと朝の町/百合山羽公

夏帯や貢になりし羽左衛門/野村喜舟

夏帯に彼の鵜篝を描きたり/後藤夜半

夏帯や湖水の中の空華やぐ/古舘曹人

夏帯を重しおもしと母美し/本多秋子

単帯高く結びて酔ひにけり/岡田史乃

単帯水のごと展べ形見わけ/大石悦子

亭主運わるき夏帯しめにけり/高橋潤

旅なれば軽きを選ぶ単帯/小原うめ女

単帯或る日は心くじけつつ/中村汀女

水打つて舟を見送る単帯/大木あまり

漣のなに問ひにくる単帯/大木あまり

夏帯にほのかな浮気心かな/吉屋信子

芸に身をゆだねて細き単帯/大場活刀

裏表なくしめ古りし一重帯/田村了咲

負けん気のやや胸高に単帯/石川文子

夏帯を締め卒寿とは思はれず/菅沢泰子

夏帯を締めれば緊まる指の先/伊藤敬子

夏帯や噛めば音あるもの食うべ/小澤實

俳句例:41句目~

よきみくじ四つに疊んで単帯/星野立子

夏帯を一人芝居のやうに解く/加藤春子

夏帯や触れて冷たき男の掌/河野多希女

夏帯をしめ濁流をおもひをり/飯島晴子

夏帯を膝にたゝめる軽さかな/杉原竹女

夏帯を解き放ちしは恋の夢/下硲/紀子

夏帯を解く処得てさびしむか/下村槐太

単帯その人らしく着こなして/富安風生

出嫌ひも夏帯しむるまでのこと/原菊翁

単帯逢ひたくなりて墓までや/関戸靖子

嵩もなう解かれて涼し一重帯/日野草城

帯といふ枷夏帯は軽くとも/山口波津女

単帯阿吽呑みこむ海の虚無/河野多希女

恋すでに遠きものとし単帯/鈴木真砂女

息づきに鳴る夏帯も一女流/赤松けい子

単帯鳴かせ他人でなくなりぬ/加藤郁乎

商売の書き入れどきや単帯/鈴木真砂女

夏帯や遠く白帆が風となる/柴田白葉女

夏帯や一途といふは美しく/鈴木真砂女

無造作に夏帯を解く何か落つ/野村久雄

俳句例:61句目~

恋すてふこと古りにけり単帯/高濱年尾

夏帯に夏が過ぎ去り易きかな/右城暮石

夏帯とく畳のはての青い潮/櫛原希伊子

夏帯のことを云ひつつ女病む/高野素十

夏帯のゆたかに低し住井すゑ/黒田杏子

身の軋むかすかな痛み単帯/つつみ真乃

身を立つる芸の夏帯締め直す/影島智子

鏡の間わが夏帯をいま写す/稲垣きくの

膝に来て消ゆる夕日や一重帯/中島杏子

単帯ゆるんできたる夜潮かな/大木あまり

夏帯を解きて貧しき妻にかへる/榎本蒼水

夏帯にとかくの噂気にすまじ/鈴木真砂女

渓音に夏帯結びこらへけり/長谷川かな女

夏帯を解くや渦なす中にひとり/野澤節子

夏帯に泣かぬ女となりて老ゆ/鈴木真砂女

肘張つて生きるでもなし単帯/稲垣きくの

夏帯の白さを己がこころとも/勝又星津女

夏帯は胸高にせず女将なれば/鈴木真砂女

夏帯やわが娘きびしく育てつゝ/中村汀女

葉洩れ日のひたすらなるや単帯/栗生純夫

俳句例:81句目~

姉老いて夏帯も濃きみどりとす/山口青邨

夏帯や人のそしりを受けながし/稲野和子

夏帯や働くかぎり身は枯れず/鈴木真砂女

夏帯の小気味よき音して締る/副島いみ子

遠阿武隈は母の夏帯霧はれゆく/熊谷愛子

夏帯や夫への嫉妬さらになく/鈴木真砂女

夏帯をくけてまぎらす涙なり/稲垣きくの

爽やかや白き手慣れの一重帯/柴田白葉女

夏帯の色濃く締めてより細身/佐々木美代子

夏帯の細きをしめて我が家かな/高橋淡路女

夏帯に濁世つまづきやすきかな/鈴木真砂女

単帯ゆるやかにしてさからはず/石田あき子

夏帯や路地の更くれば髪も冷ゆ/鈴木真砂女

夏帯や運切りひらき切りひらき/鈴木真砂女

夏帯しむ鏡の中にふりむいて/長谷川智弥子

夏帯をしっかと締めて第二日/神原/かづ子

単帯看護づかれの見ゆるかな/久保田万太郎

前で結はへて廻す夏帯癒え一途/平井さち子

出稽古のしやんと締めたる単帯/石井喜世女

ゆるやかに著て夏帯をきしまする/後藤夜半

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ