季語/白玉(しらたま)を使った俳句

「白玉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「白玉」について

【表記】白玉

【読み方】しらたま

【ローマ字読み】shiratama

子季語・関連季語・傍題・類語など

・氷白玉(こおりしらたま:korishiratama)

・白玉ぜんざい(しらたまぜんざい:shiratamazenzai)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

白玉を含む俳句例

白玉や母子誕生の月おなじ/安住敦

白玉や夜も雲湧く母の里/秋山素子

丹頂の鶴の白玉凍りけり/渡邊水巴

白玉の右へ左へ運ばるる/岩田由美

白玉を若葉におくや千団子/一/萍

梅の道白玉楼も遠からす/尾崎紅葉

白玉や飛弾春慶の批目盆/石原八束

口中に白玉風は戸口より/村越化石

白玉か紫玉か何ぞ葛櫻/相生垣瓜人

白玉や雨退りゆく湖の沖/関戸靖子

白玉や雨の中なる夏景色/岩田由美

白玉にまじる紅一家無事/伊藤京子

白玉や一日富士を目の前に/石嶌岳

白玉や鎹の子も十七に/鈴木しげを

白玉や連中といふ火打石/加藤耕子

白玉のあとは銀座の帽子店/山田弘子

白玉や今宵考くる妣も来る/木村ふく

白玉や伊吹は空に晴れゐしと/上村占

白玉や岩に滲みゆく雨の色/青木重行

白玉や扁たきものに杉の幹/小林貴子

俳句例:21句目~

白玉や手帖に記す母訪ふ日/宮田俊子

白玉や月山にある昼の月/成澤たけし

白玉や母の代からの砂糖壺/増田龍雨

白玉の一花を壺に光悦忌/稲垣きくの

白玉や水の匂ひの風あふれ/太田蓁樹

白玉や甍に風の吹き渡り/大木あまり

白玉の器の下が濡れにけり/綾部仁喜

愛憎の満ちて白玉だけ残る/対馬康子

白玉や神田をとほる神田川/小川軽舟

白玉や遠雲のこす夕あかり/中村信一

白玉や岐かれ岐かれて瀧の水/中田剛

白玉を掬へば果つる夏休み/川崎展宏

白玉を食めば失ふ若さかな/嶋田麻紀

白玉享ける石の童顔緑の星/成田千空

椿葉が反るしら玉の餅かな/松瀬青々

白玉やかたみに笑ふ物忘れ/手島靖一

白玉や飛沫いくたび草のなか/中田剛

白玉や京の子供の京言葉/河野美保子

白玉や人づきあひを又歎き/中村汀女

白玉に芋をまぜばや滝の月/榎本其角

俳句例:41句目~

子にそなふ白玉喰べ酒たうべ/巌谷小波

白玉やなつかしうして初対面/山田弘子

白玉や湖の真中を日照雨ゆく/外川飼虎

白玉や父母濡れて着きにけり/佐藤幸寿

白玉や産着のごとき白表紙/八牧美喜子

白玉や子のなき夫をひとり占め/岡本眸

夏萩や白玉好きの仏の日/長谷川かな女

白玉や虚子に似る字も偽手紙/筑紫磐井

妻去るに白玉艶を消しにけり/萩原麦草

姉妹白玉つくるほどになりぬ/渡辺水巴

白玉に小豆の色のにじみたる/井上茂子

白玉や遊女屋の昼閉ざしつつ/田中冬二

白玉や子煩悩にはなりきれず/西村和子

白玉や子等の喜ぶことをせむ/西村和子

日は衰ふるきはの暑さや白玉を/森澄雄

木蓮の白玉空へ工事すすむ/田川飛旅子

深川や白玉なんどのどすべる/野澤節子

白玉や雨の過ぎたる御油並木/織田敦子

白玉やあらぬ方より昼の鐘/神尾久美子

白玉やわれに始まる一家系/坂本童声子

俳句例:61句目~

白玉を姉はひたすら茄でる役/櫂未知子

白玉に忌明の膝を揃へけり/塩谷はつ枝

白玉を掬ひて翳もすくひけり/中嶋秀子

白玉のうれひに食せば浅漬も/久米正雄

白玉や愛す人にも嘘ついて/鈴木真砂女

白玉のしるこの中に紅一つ/中野/重一

白玉や人中なればそよそよす/永末恵子

白玉楼中の人を遠くす滝氷柱/福田蓼汀

簡単に人をくくりて白玉好き/高澤良一

白玉のよろこび通る喉の奥/水原秋櫻子

白玉の冷めたくまろく亡母想ふ/泉早苗

茂り中氷白玉たうべけり/久保田万太郎

白玉の歯のゆるみたる温め酒/清水基吉

蜘蛛の囲に夢の白玉明け易き/寺田寅彦

白玉の美形を探しゐたりけり/仙田洋子

白玉の雫を切って盛りにけり/日野草城

白玉はどこへもゆかぬ母と食ぶ/轡田進

白玉は何処へも行かぬ母と食ぶ/轡田進

食細き躬に白玉のよく冷えて/伊東宏晃

白玉や二度寝たのしむ旅疲れ/河野南畦

俳句例:81句目~

白玉や奥羽の旅はここに果て/高澤良一

白玉や吾が名勝気と占はる/八牧美喜子

白玉や母には母の修羅があり/角川春樹

白玉や毘沙門天の小賑はひ/鈴木しげを

白玉の向かうに海の見えてをり/辻美奈子

人の世のからくり白玉紅白に/鈴木真砂女

白玉も葉の粗相なる木槿かな/野澤羽紅女

冷瓏どうぞ冷白玉をめしあがれ/山中葛子

出されたる白玉に顔かいてある/星野立子

白玉や見えてさみしき人の裏/八牧美喜子

白玉のひやひやういてゐるらん気/松澤昭

白玉やつれあひといふよき言葉/千手和子

旅果ての白玉に紅滲みけり/野見山ひふみ

白玉にいろどる紅や祭の日/長谷川かな女

白玉にとけのこりたる砂糖かな/高浜虚子

白玉に子をあきらめし夫婦かな/筑紫磐井

白玉や旅恋ひをるを見すかされ/小林康治

白玉の紅一すぢが走りをり/杵屋栄美次郎

白玉や問はれていつも母のこと/田中菅子

白玉やうなづくばかり子の返事/目迫秩父

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ