季語/逃水(にげみず)を使った俳句

「逃水」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「逃水」について

【表記】逃水

【読み方】にげみず

【ローマ字読み】nigemizu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「に」で始まる春の季語

・「春の地理」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

逃水を含む俳句例

逃水に行止りなし雲の峰/仁平勝

北狐われら逃げ水に眠し/金子皆子

逃水のさきに父母そして兄/加藤朱

逃水を太平洋に追ひ落とす/河合清

逃水や重き鎖の雁の列/殿村莵絲子

逃水や砂漠に貝の化石売/石野冬青

逃水や道の片側田水鳴る/巌谷小波

逃げ水や子の運転の一直路/奈良文夫

逃水や天へ逃げゆく詩の影/仙田洋子

逃水やわが生涯の一句欲し/松本澄江

早退の子や逃水の上をゆく/中嶋鬼谷

逃水の逃げ果せけり日本海/熊谷静石

逃げ水や原子力発電所あり/五島高資

納骨にゆく逃げ水を追ひ続け/今井聖

逃水のごと燦燦と胃が痛む/佐藤鬼房

逃水や驢馬にて運ぶ壺の水/澤田緑生

逃水に入り車の解けてゆく/金子千侍

逃水や桃の向うに桃うかび/柿畑文生

逃げ水の中へ中へと郵便夫/鈴木蝶次

逃げ水の出発点は椿の木/櫛原希伊子

俳句例:21句目~

どの鳥もみな逃げ水に映らずに/北光星

吻けをして逃水を追うてをり/石原八束

団扇絵や野の逃水の一とこを/尾崎迷堂

逃水を追ひ貝塚に出遭ひけり/天休/翼

逃水を追ふや乳房は崖になり/櫂未知子

石蹴りし子は逃水のゆるる中/中村ふみ

逃水を追ふ逃水となりしかな/平井照敏

逃げ水のごと燦々と胃が痛む/佐藤鬼房

逃げ水の先に逃げ水父のくに/小林義治

逃げ水の水より現るる遍路笠/角川春樹

逃げ水の逃れきつたる日本海/有馬朗人

逃げ水も藺草のあをも秋の風/石川桂郎

逃げ水や人を恃みて旅つづく/巌谷小波

逃水の果て敦煌のありにけり/宇咲冬男

逃水の直路ビートの照り返し/高澤良一

逃水やゆきゆきてなほ石狩野/小川杜子

逃水や一途ときには疎ましき/田代民子

逃水や犬振り返り振りかへり/道川虹洋

時速六十逃水を追ひ旅はじまる/毛塚静枝

浮き世とや逃げ水に乗る霊柩車/原子公平

俳句例:41句目~

逃げ水の逃げゆく先や母の国/水野真由美

逃げ水や浜にんにくの幾砂丘/佐藤南山寺

逃水や亡き人いつもうしろむき/本多静江

逃げ水の行方の麦の穂立つなり/岡本歩城

逃水や斜里岳とろけ出しにけり/高澤良一

逃水や明日には明日の詩がある/仙田洋子

逃水や武蔵の国といま言はず/黒坂紫陽子

逃げ水やつひの日まで妻として/須賀一恵

逃水や追はぬつもりの影を追ふ/佐藤浪子

逃水や子の助手席にゐてねむし/矢島房利

逃げて逃げて逃水となる兎かな/中井黄燕

追へば消え追はねば盆の逃水よ/吉田紫乃

追ひかけてをれば逃水現はるる/佐藤秋水

逃げ水の逃げ切る高速道の果/相河美智子

途方あり逃水を追ふばかりにて/齋藤美規

自転車で過ぐ逃げ水を見しあたり/辻美奈子

逃水の消えたる宙にルドンの目/佐怒賀正美

逃げ水や麦はみどりの畝つめて/岡本まち子

逃げ水の果てに補陀落ありにけり/角川春樹

逃げ水のあときれぎれに喪の家族/渡辺純枝

俳句例:61句目~

逃水をいつか本気で追ひゐたり/猪俣千代子

逃げ水の野にタンク車を突き放す/内田牧人

逃げ水の逃げどころなき水の郷/黒坂紫陽子

逃げ水やわが生きざまの継ぎはぎに/長山遠志

逃げ水の逃ぐるを追ひてわが五十路/鷹羽狩行

逃げ水のなだれて海へ落ちにけり/島田たみ子

逃げ水の輝くさなか揺らぎつつこの世の夏をパレードが来る/谷岡亜紀

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ