季語/挿木(さしき)を使った俳句

「挿木」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「挿木」について

【表記】挿木

【読み方】さしき

【ローマ字読み】sashiki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・挿穂(さしほ:sashiho)

・挿芽(さしめ:sashime)

・挿葉(さしば:sashiba)

・挿床(さしどこ:sashidoko)

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

挿木を含む俳句例

一本の枝も大事に挿木畑/中村汀女

小包は木槿挿木の棒ばかり/飴山實

四阿の挿木は丸太小鳥来る/茨木和生

犬の鎖とどかぬ先に挿木つく/神蔵器

尼寺は桜挿木をせしばかり/山本洋子

挿木せる学寮もあり東大寺/山本洋子

放縦な夜の汐鳴り挿木以後/河合凱夫

草木打つ雨の響きや挿木つく/原石鼎

行く水の囁き流れ挿木つく/高濱虚子

草に埋れて挿木全く育ちけり/西山泊雲

きっぱりと春雪あがる挿木畑/高澤良一

一と杓を傾け挿木をはりけり/後藤夜半

一枝の葉の凜として挿木かな/高浜虚子

半日を挿木に使ひ北へ飛ぶ/田川飛旅子

育てきて挿木に匂ふ沈丁花/牧野/豊陽

薄月も夜に仰がれて挿木かな/飯田蛇笏

晩年の思ひにをりて挿木せり/森田公司

挿木舟はや夕焼けて泛びけり/飯田蛇笏

挿木して小さき影の生れける/加藤静子

母の挿木生きし広葉や夏隣/大谷碧雲居

俳句例:21句目~

挿木して老年のなほ揺れ易き/北村直彦

挿木する母の背中にある日かな/岩田潔

雨蛙来て居り挿木根付きしよ/右城暮石

青々と挿木の屑の掃かれけり/前田普羅

挿木など齢かなしきことをなす/絵馬/寿

挿木みな夕影ながき水辺かな/大橋櫻坡子

挿木細く杉菜の中に活きゐたり/西山泊雲

挿木辺やこま~踏みて下駄の跡/西山泊雲

草の中棒立ちに立つ挿木かな/岡本癖三酔

草中に二三葉枯れて挿木かな/島村元句集

夢のよな思ひかすめぬ挿木しつ/大熊輝一

さし木すや八百万神見そなはす/前田普羅

手の泥をはたき挿木の腰上ぐる/小林雑艸

降り出せし雨に挿木を見る傘/楠目橙黄子

挿木して恋する人に逢ふごとく/藤澤清子

挿木して清明の日の風呂焚けり/皆川白陀

日当りてすでに目だゝぬ挿木かな/中島月笠

挿木して死ぬることなど考へず/佐藤てる美

小鳥らのこゑこぼれ来る挿木かな/根岸善雄

簡単に挿木で殖えしものばかり/藤木呂九艸

俳句例:41句目~

お釣りほどの人生に生き挿木する/能村登四郎

挿木せしゆゑ日に一度ここに来る/山口波津女

挿木せしばかりの影のありにけり/逢坂月央子

夢がまだ尾を引いている挿木かな/能村登四郎

おもひ出てさし木の五加木摘日かな/加舎白雄

老がせし挿木つかぬはなかりけり/大橋櫻坡子

挿木つきしうれしさに立つ庭ひろし/大橋櫻坡子

嗅ぎよりぬ亡母が挿木のつゝじの芽/長谷川かな女

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ