季語/春社(しゅんしゃ)を使った俳句

「春社」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春社」について

【表記】春社

【読み方】しゅんしゃ

【ローマ字読み】shunsha

子季語・関連季語・傍題・類語など

・社日(しゃにち:shanichi)

・社日様(しゃにちさま:shanichisama)

・社日詣(しゃにちもうで:shanichimode)

・社翁の雨(しゃおうのあめ:shaonoame)

・社燕(しゃえん:shaen)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

春社を含む俳句例

筥崎の焼餅うまし春社日/村上岱南

門前に牛羊あそぶ社日かな/飯田蛇笏

天井から卸す社日の古き膳/岡本癖三酔

村口の土橋の雨も社日かな/松根東洋城

水飴の瓶の口切る社日かな/星野麥丘人

竹林に社日の雨の音もなし/古谷実喜夫

藍かめの機嫌も祝ふ社日かな/井上井月

髪染めて社日の老婆誘い合う/大中祥生

田子の膳社日の徳利たちにけり/飯田蛇笏

六歳の真顔春社のフォトパネル/松田ひろむ

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ