季語/二百十日(にひゃくとおか)を使った俳句

「二百十日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「二百十日」について

【表記】二百十日

【読み方】にひゃくとおか

【ローマ字読み】nihyakutoka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・二百二十日(にひゃくはつか:nihyakuhatsuka)

・厄日(やくび:yakubi)

・前七日(まえなぬか:maenanuka)

・風祭(かぜまつり:kazematsuri)

・風日待(かぜひまち:kazehimachi)

季節による分類

・「に」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

二百十日を含む俳句例

日照年二百十日の風を待つ/素堂

傾きて二百十日の学童よ/秋沢猛

乱れなき二百十日の滝仰ぐ/林糺苑

厄日果つ厨に水を荒使ひ/菖蒲あや

漆黒の雲急ぎすぐ厄日かな/樋笠文

雷も恋しき二百十日かな/水田正秀

赤坊の肌の冷たき厄日かな/岸田稚

萩芒二百十日の暑さかな/増田龍雨

菜大根に二百十日の残暑かな/李由

二百十日目も尋常の夕べかな/蕪村

彎曲し二百十日の爺婆よ/齋藤愼爾

空ふかく二百十日の鳥礫/青木泰夫

水汲んで畳をとほる厄日かな/角光雄

咳かなし二百十日の卵に血/片平天城

有明の海青すぎる厄日前/遠藤若狭男

水中の石に魚載る厄日かな/吉田汀史

山襞の折目の二百十日かな/木内彰志

島畑のかんかん照りや厄日前/岸田稚

川波も常の凪なる厄日かな/石塚友二

鶏小屋や二百十日の恙なく/野村喜舟

俳句例:21句目~

魚匂う俎板二百二十日過ぐ/青木千秋

音もなき二百十日の古本屋/斎藤夏風

二百十日額吹き流る蟲の聲/横光利一

白雲は二百十日を遊ぶかな/野村喜舟

軒下に二百十日の捨て寝椅子/辻桃子

厄日去る胡桃二房三房見え/飯田龍太

厄日過ぎし山国にゐて風の音/岸田稚

華やかに二百十日の綿の花/西山泊雲

月の秋や二百十日の二十日のと/無腸

厄日過ぐ父退院の手配して/高橋悦男

船絵馬の海青すぎて厄日前/能村研三

舟洗ふ二百十日の潮汲みて/前田白露

しなやかに鴎はとべり厄日前/有働亨

脱衣箱厄日過ぎたる海の塵/宮武寒々

畦歩く二百二十日の鴉かな/影島智子

月さして二百十日の羅針盤/工藤義夫

二百十日馬の鼻面吹かれけり/高田保

筆硯や二百十日を忘れ過ぎ/石川桂郎

濱村や二百二十日の旅急ぎ/会津八一

波立てゝ二百十日の出船かな/原月舟

俳句例:41句目~

半日にからぶ仏飯厄日過ぐ/鷹羽狩行

吹き白むことを欅も厄日空/皆吉爽雨

折鶴の内の白さよ厄日過ぐ/大石雄鬼

移り行く二百二十日の群鴉/高浜虚子

盗人潜む二百十日の縁の下/寺田寅彦

船上に二百十日の落暉浴ぶ/阿部喜恵子

おほぞらは桔梗色の厄日かな/糟谷青梢

芋虫や二百十日のころげもの/野村喜舟

芒の穂二百十日も過ぎにけり/正岡子規

蓮の葉の滅法ひかる厄日かな/細川加賀

蝉の穴二百十日の夕日射す/酒井みゆき

越中八尾二百十日の月上げし/渡辺恭子

黴の秀の靡きに二百十日来る/高橋睦郎

針山に針をひからす二百十日/中山純子

ひた凪の二百十日の灯を惜しむ/辰野隆

雨音に臥しをり二百十日かな/皆川白陀

雲いろいろ彩る二百十日かな/前田普羅

青空の雨おほつぶに厄日来る/木津柳芽

風吹かぬ二百十日の畦木かな/金山有紘

風少し鳴らして二百十日かな/尾崎紅葉

俳句例:61句目~

一湾の灯の弓なりに厄日くる/玉垣咲良

二百二十日金属音の昆虫いて/前川弘明

二百十日塀きれぎれに蔦の骨/横光利一

二百十日雲の往来に終りけり/椎名水村

乞食の二百十日も死なずして/藤野古白

八方に二百二十日の湖荒るる/稲荷島人

厄日とて暑さに頭脳磨かねば/畑伝一郎

吾を生めり二百十日の沢竃火/山本嵯迷

大厄日金魚逆立つことしきり/村上岱南

女紅場の二百十日の甍かな/波多野爽波

市に隠る二百十日はきのふ也/高井几董

我背戸に二百十日の茄子かな/子規句集

曇るまゝ二百十日を忘じけり/島田青峰

夕焼の長しや二百十日暮れ/白石天留翁

枝少し鳴らして二百十日かな/尾崎紅葉

水臭き水飲み二百十日なり/中尾寿美子

泥鰌屋に厄日の炭火熾んなり/鈴木鷹夫

瀧の辺の草美しき厄日かな/大木あまり

炒つて煮て二百十日の蝗かな/白岩三郎

無花果の実青き二百十日かな/高濱年尾

俳句例:81句目~

煮鮑に厄日の象牙箸重き/長谷川かな女

甕を飼う二百十日は口あけて/南村健治

田主畑主二百十日のあくる朝/小澤碧童

町中や厄日は影を濃く歩く/有山八洲彦

礁原の夜をほとぼれる厄日かな/岸田稚

突つ立つて壜流れくる厄日かな/下田稔

老人の深寝してゐる厄日かな/浅井一志

厄日のひとり歩きに浜ひろし/鈴鹿野風呂

浜鴉ポツリと啼いて厄日かな/鈴木真砂女

こけもせで二百十日の鶏頭かな/正岡子規

田を責める二百十日の雨の束/福田甲子雄

それぞれの二百十日をつなぐ空/松浦由佳

日が暮れて足洗ひゐる厄日かな/宮田正和

休暇尽きて二百十日の船出かな/子規句集

裸婦像の背のよごれや厄日過ぎ/高木杏子

ひら~と猫が乳呑む厄日かな/秋元不死男

日のいろの水流れゐる厄日かな/長谷川双

火の山の火の旺んなる厄日かな/角川春樹

火の国の厄日過ぎたる陸稲の香/大島民郎

二百十日米櫃干されゐたりけり/鈴木黎子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ