季語/野菊(のぎく)を使った俳句

「野菊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「野菊」について

【表記】野菊

【読み方】のぎく

【ローマ字読み】nogiku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・野路菊(のじぎく:nojigiku)

・紺菊(こんぎく:kongiku)

季節による分類

・「の」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

野菊を含む俳句例

紺菊も色呼出す九日かな/桃隣

土うすき岩の対島の野紺菊/林翔

草刈の道々こぼす野菊かな/露川

道道の野菊晴れなる榛名山/上村占

野菊咲て測量杭の丈低し/正岡子規

鶉網に引掛りたる野菊哉/寺田寅彦

曇り日の稲刈あとの白野菊/中拓夫

湖は雨の暗さよ野紺菊/八木林之介

かたはらに南瓜花咲く野菊哉/召波

白の子に日本海野菊咲き/古舘曹人

湖の水明りして野菊かな/橋本對楠

男の子荒地野菊に顔汚す/右城暮石

切株が坐れと二つ野紺菊/太田土男

初恋の野菊のごとき腰なりき/林桂

初旅を慰め顔の野菊かな/正岡子規

屋形舟野菊の岸を離れけり/星野椿

水仙の花原狂ひ咲く野菊/亀井糸游

野紺菊飛ぶ雁をくらうせり/齋藤玄

陶窯をめぐる野菊と檜山/松村蒼石

闘牛の吐く息荒し花野菊/高井北杜

俳句例:21句目~

山道を水流れゐる野菊かな/中田剛

野紺菊眦色を崩しけり/河野多希女

野菊濃し旅の参陵参仏に/皆吉爽雨

野紺菊志功耕衣の丸眼鏡/依光陽子

野菊晴隣墓ともなじみ給へ/下田稔

故郷へ帰る全身野菊となり/皆川燈

石垣の鼬の穴に野菊かな/寺田寅彦

山賤に良夜の野菊真平ら/清原枴童

野紺菊一日家を忘れゐる/北澤瑞史

抱き合ふ榾の中より大炎/天野菊枝

子狐のかくれ貌なる野菊哉/與謝蕪村

家も長寿壁に野菊の裾模様/香西照雄

爐に野菊溢れしめ堀辰雄邸/宮坂静生

野菊咲く円空仏の郷に入る/椎橋清翠

小烏に野菊もすこし縁の端/室生犀星

小説に似たる野菊の墓のあり/森田峠

野菊咲き今年も締むる紅き帯/桂信子

野菊叢東尋坊に咲きなだれ/高浜虚子

くるぶしを野菊に埋め恋岬/手塚美佐

野菊一輪檜の匂ふ喫茶店/安東ふさ子

俳句例:41句目~

幻光孩子昭泡孩子野菊村/伊藤いと子

旅人に野菊の下の川音かな/佐野良太

秋天の下に野菊の花弁欠く/高浜虚子

広野拓きし人の墓かも野菊挿し/林翔

御殿野菊御所水引草京の秋/西本一都

西行の庵見て四五歩野菊叢/稲畑汀子

思ふこと洪水の後の野菊かな/橋本薫

漸くに蝶はなれゆく野菊かな/中田剛

野紺菊日ざし逃さぬ髪束ね/花谷和子

野紺菊嫁菜の花も畦日和/鈴木しげを

撫子の暑さ忘るる野菊かな/松尾芭蕉

石上布留の山みち野菊濃し/下村梅子

潮風に吹かれ野菊の枯れ急ぐ/堤信彦

野菊折り以後空白の哲学書/鳴戸奈菜

省みて野菊わずかに安堵村/和田悟朗

野菊揺れ影おく石に情あり/福田蓼汀

足元に日のおちかかる野菊かな/一茶

走り来る水美しき野菊かな/江口竹亭

野菊晴舟小屋あけて風通す/飯塚雅子

野菊濃し柿赤しとて旅つづけ/上野泰

俳句例:61句目~

野菊道数個の我の別れ行く/永田耕衣

隠栖は馬にもあらむ野菊かな/村田脩

蝦夷野菊吹かれて妻の旅鞄/小林康治

露天風呂首の高さに野紺菊/毛塚静枝

藪入の姉の下駄履き野菊摘む/南南浪

頂上や殊に野菊の吹かれ居り/原石鼎

二〇三高地にいたる野菊道/遠藤梧逸

草刈の鎌にこぼるゝ野菊哉/寺田寅彦

八ヶ嶽ここに全し野菊折る/木村蕪城

出勤の野菊の道に鬼が出て/吉原文音

百丈の断崖を見ず野菊見る/高浜虚子

刺しとほす鎧の下の野菊かな/中勘助

厳しき銘を付けられ野菊展/関森勝夫

草刈の藍の中より野菊かな/夏目漱石

口に釘くはへて野菊まで歩く/皆吉司

古畑の疇ありながら野菊かな/炭太祇

水底の砂あたたかき野菊かな/中田剛

噴煙は遠し萩咲き野菊咲き/藤後左右

花びらの十七ありし野菊かな/原月舟

城壁に野菊を垂りて野菊晴/西本一都

俳句例:81句目~

夕風の野菊に見えて道遠し/清原枴童

大顔の飛鳥大仏野菊晴れ/高岡智照尼

天さかる鄙をとめ野菊奉れ/石井露月

野菊折つて足洗ふ里の女かな/正岡子規

敷雲に日は沈みゆく野菊かな/野村泊月

野菊咲く砂川高く流れけり/楠目橙黄子

野菊咲き西の方から花電車/磯貝碧蹄館

野菊咲き肩うちほそる茅ケ嶽/堀口星眠

この道の心覚えや野菊咲く/池内たけし

野菊一輪手帳の中に挟みけり/夏目漱石

野菊の天赤き岩壁を垂らしたる/有働亨

野菊にも雨降りがちの但馬住/京極杞陽

どの家も貧しき村の野菊かな/田中青濤

なつかしきしをにがもとの野菊哉/蕪村

野紺菊下見二度目の新居にも/都筑智子

野の道の野菊野萩の野菊かな/尾崎迷堂

蹴り伏せて野菊水色なる故郷/永田耕衣

澤深く吾が見しのみかこの野菊/及川貞

日の当る一角かなしむら野菊/久米正雄

わが傘の影の中こき野菊かな/杉田久女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ