季語/蘆刈(あしかり)を使った俳句

「蘆刈」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蘆刈」について

【表記】蘆刈

【読み方】あしかり

【ローマ字読み】ashikari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蘆刈女(あしかりめ:ashikarime)

・蘆刈舟(あしかりぶね:ashikaribune)

・蘆舟(あしぶね:ashibune)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

蘆刈を含む俳句例

鳰鳥も蘆刈る人も風の中/黄枝

蘆刈の天を仰いで梳る/高野素十

蘆刈るや静に蘆の倒れつぐ/忠石

蘆刈に夕日ゐざりぬ風の中/舟月

芦刈に道一本や夕日中/茂里正治

芦刈の天を仰いで梳る/高野素十

蘆刈の姥の重腰鎌させば/多佳子

枯蘆を刈りて洲崎の廓かな/子規

蘆刈の女ら風に現れし/長谷川櫂

芦刈られ川幅広く初電車/桃井雲洋

能面に痩男あり蘆を刈る/後藤夜半

蘆刈女蘆を襖に一と憩ひ/西川青芝

蘆刈るや空真つ青に潟の波/秋櫻子

葭刈のひとりの小昼葭囲ひ/下田稔

蘆刈の人現れて帰りけり/高浜虚子

蘆刈や砂浜に川の白きみち/中拓夫

蘆刈の一歩一歩に水深し/安田晃子

葭を刈り寒い湖上に終る生/三谷昭

蘆刈のちらと姿を見せしのみ/蚊杖

天ありて刈女一人の芦がくれ/静塔

俳句例:21句目~

蘆刈や湖に日は太古より/長谷川櫂

妻遠し芦原広し芦刈男/橋本多佳子

蘆刈や日のかげろへば河流る/澄雄

蘆刈は蘆のなびきに息づかむ/鴻村

川風にそゝけし頬や蘆刈女/矢津羨

片腕に風さわぐ蘆抱き刈る/下村福

蘆刈は夕焼の鎌洗ひをり/長谷川櫂

青葦を刈尽したる水の晴/児玉輝代

橋遠く見ゆる景色の蘆刈れり/有風

蘆原に絮のあがるは蘆を刈る/林火

蘆刈の天へ抜けゆく鎌の音/白井新一

蘆刈の空へ圧しやる光かな/坂巻純子

蘆刈の置きのこしたる遠嶺かな/鶏二

芦刈の鎌もて田舟引寄する/稲荷島人

蘆刈も渡舟もやすみ小正月/福田杜仙

蘆刈の口に大きな飴ふくむ/岸本尚毅

蘆刈るや日の影水にとゞまらず/白嶺

蘆刈の一人に遠き一人かな/角/泉子

芦刈に夕日いざりぬ風の中/石原舟月

蘆刈に筑波はありぬ風の空/田島秩父

俳句例:41句目~

一舟を潮に遊ばせ芦を刈る/鶴丸白路

蘆刈を終へたる夜の手が熱し/松本旭

蘆刈女湖風を背に遊ばせて/橋本榮治

人麿忌末黒古蘆刈られけり/藤田湘子

蘆刈女生涯隠れ棲むごとし/中垣成子

蘆を刈る頃は蘆刈る男かな/高浜虚子

蘆原に隠れて蘆を刈る人ぞ/長谷川櫂

蘆襖刈り拓けども拓けども/福田蓼汀

近づいて芦刈の黙貰ひけり/伊藤白潮

近づけば葦刈ゐたり風の中/羽部洞然

部屋住みの犬が眺むる蘆刈火/中拓夫

刈芦を抱へて家の裏戸より/松尾美子

芦刈の舟は夕日に向き直る/老川敏彦

刈萩や句碑の面に花眼寄す/石川桂郎

芦刈の一人は女なりしかな/大熊一枝

芦刈の渡る板橋よくしなふ/高濱年尾

方舟のため葭を刈る漆掻く/柚木紀子

芦刈の夕日いざりぬ風の中/石原舟月

枯芦を刈りて洲崎の廓かな/子規句集

芦刈の戻りの堤どこまでも/高野素十

俳句例:61句目~

芦刈の束に腰かけ山を見る/前田普羅

蘆刈るや心得顔の犬もゐて/大石悦子

草餅や刈らずの丈の葭の夢/石田勝彦

芦刈女天は洩れなく笠与ふ/平畑静塔

犬先に戻りし家へ蘆刈女/石井とし夫

珊々と芦刈る音を放送す/相生垣瓜人

芦刈りて念仏日向作りけり/平畑静塔

芦刈の眼を見せてゐし空の紺/斎藤玄

立錐のなき蘆を刈る光かな/小林康治

肩の継ぎそれも破れて芦刈女/森田峠

芦刈の立つや音なき風の中/橋本政徳

芦刈や日のかげろへば河流る/森澄雄

蘆刈の女の笑ひ声ばかり/石井とし夫

蘆刈の姿見えねど刈り進み/宮村一水

蘆刈の早やこれまでと夕暮れぬ/駝王

蘆刈の犬呼びもどす蘆の中/白岩三郎

蘆刈の眼を見せてゐし空の紺/斎藤玄

芦刈つて水に触れたる空の色/西村和子

蘆刈の声の一人が現れにけり/大石悦子

芦刈にいま打つ鐘のいま届く/加藤郁乎

俳句例:81句目~

蘆刈の人寄せ法螺や堰の上に/西山泊雲

丁寧に刈らねば蘆の折れ易く/高橋野火

蘆刈にいま打つ鐘のいま届く/加藤郁乎

蘆刈つて束ねて未だ運ばれず/長谷川櫂

蘆を刈る音を違へて夫婦なり/森田公司

蘆の刈跡母の恋しさ処置なしや/草田男

刈り頃の芦擦りあふて湖日暮/高澤良一

葭刈られ風の形の消えゆけり/高久清美

芦刈らむ恋万日を経し果は/稲垣きくの

献上の蘆刈られゐる日和かな/大石悦子

江戸川や蘆刈小屋の残るまゝ/鈴木花蓑

芦刈の澄みつつ午後の水となり/中拓夫

葦刈るや夕日を嶺に収むまで/小澤克己

生臭きこと思ひつつ蘆刈れる/長谷川櫂

芦刈の眉目佳きはみな男なり/大石悦子

芦刈りの顔の見えつゝ芦倒れ/皆吉爽雨

蘆刈の蘆の重さに舟帰る/佐土井智津子

蘆刈の音より先を刈りてをり/大石悦子

芦刈の舟を尻より着けにけり/石田勝彦

尚あまりありつゝ蘆を刈りにけり/青畝

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ