季語/プールを使った俳句

俳句例:101句目~

プール捲き花壇をつつみ芝みどり/川島彷徨子

プール開きあかんべえして眼の検査/玉木照子

夜のプールからだは夜の燈に濡れて/田中裕明

船の旅プールではしゃぎ夜はダンス/高澤良一

室内プール波立つ教師も母子も若く/伊丹公子

ライターをつけてプールにまだ濡れず/平畑静塔

プールより四五歩で慣れてあるきだす/大屋達治

逝く夏のプールにうかぶ水中メガネ/畠山あさみ

プールを出ず勝者と敗者手とりあふ/小川双々子

プールよりあがるぽろぽろうろことれ/今瀬剛一

夜の辻のにほひてどこかプールあり/能村登四郎

キリキリと髪結ひあげてプールの娘/矢口由起枝

乳児抱かれプールの中にあくびせる/山口波津女

プールのそばに引きずられて世紀がある/筑網敦子

いろいろな泳ぎ方してプールにひとり/波多野爽波

ピカーッと光って中学校のプールなり/橋田サカエ

夏の日ですプールの匂いの末子がかえる/伊丹公子

プール越しの佐官が揺れる微雨つづき/稲岡巳一郎

範泳あざやか行きどころなきプールの波/津田清子

断食月の終ればプールの水にさえ映らぬほどの繊き月照る/三井修

俳句例:121句目~

月しろく無人プールを照らす夜半この世の面かすか揺れゐん/小島ゆかり

タイトルとURLをコピーしました