季語/草刈(くさかり)を使った俳句

「草刈」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「草刈」について

【表記】草刈

【読み方】くさかり

【ローマ字読み】kusakari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・朝草刈(あさかり:asakari)

・草刈女(くさかりめ:kusakarime)

・草刈童(くさかりわらわ:kusakariwarawa)

・草刈笛(くさかりぶえ:kusakaribue)

・草刈馬(くさかりうま:kusakariuma)

・草刈籠(くさかりかご:kusakarikago)

・草刈鎌(くさかりがま:kusakarigama)

・草刈機(くさかりき:kusakariki)

・草刈衣(くさかりごろも:kusakarigoromo)

・草刈舟(くさかりぶね:kusakaribune)

・草刈る(くさかる:kusakaru)

季節による分類

・「く」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

草刈を含む俳句例

草刈の笛暮はてゝ虫の声/也有

遡る草刈舟のつづくなり/蒼石

草刈女黒本の門に午休/高野素十

晩涼や上径戻る草刈女/野村泊月

草刈女草の重さで坂下る/築城京

草刈女さゆらぐ笠は鎌舐げり/翔

草刈の道々こぼす野菊かな/露川

月明や草刈籠の横たはり/大串章

草刈女噂話は声ひそめ/星野立子

草刈に杉苗刈られ薫るなり/敏雄

草刈女ところ定めず刈残す/より江

山の日に焦げて草刈る麻衣/上村占

草刈女いまも昔も都恋ひ/佐野美智

能舞台脇正面の草刈れり/高澤良一

顔上げず茅打断崖草刈女/沢木欣一

草刈鎌軟弱なるを叱りをり/辻桃子

草刈機電柱の影刈り残す/西浦一滴

幾度磨ぐ草刈鎌や鵙の聲/内田百間

茨野の流水わたる草刈女/西島麦南

快音を谷に響かせ草刈機/高澤良一

俳句例:21句目~

恋もなき草刈共や虎が雨/石井露月

草刈の手に残りけり祭笛/横井也有

傍らに犬の息あり草刈れる/中田剛

日蝕の大露ふみて草刈女/飯田蛇笏

草刈って蔵王縦断道路脇/高澤良一

草刈りし北里信子北里忌/穴井研石

草刈りしあとに蕗の葉裏返る/青邨

片足を水が流れて草刈女/今瀬剛一

歌声も朝の草刈乙女かな/石塚友二

草刈女園の立木に雨宿り/溝口杢生

滝口に草刈鎌を忘れけり/山本洋子

野辺かろし鹿のかつぐ草刈籠/実利

草刈つて夕日の中に館守/関森勝夫

夢占や石槨の草刈り残し/宮坂静生

天主堂より草刈りの命綱/朝倉和江

密造酒懸草刈に来て覗く/萩原麦草

寝墓並び厚い脚絆の草刈女/爽波/

小淵沢草刈る音の列車まで/山本源

岩がくれ草刈舟の棹せる/高野素十

石齧る音も混じれり草刈機/高澤良一

俳句例:41句目~

遊行柳かたへに大き草刈籠/茂里正治

迅雷や草にひれふす草刈女/西山泊雲

蟷螂の草刈る傍に生れけり/尾崎紅葉

草抜いてくゝりし髪や草刈女/森田峠

まだ覚めぬ湯町を戻る草刈女/矢津羨

草刈の足をつけたる清水哉/寺田寅彦

草刈機辺りの草が震え立ち/高澤良一

一泳ぎして草刈の帰りけり/太田土男

五合庵下に草刈るもう一寺/吉田紫乃

傘さしぬ朝草刈の去りしあと/岸田稚

六地蔵より草刈女現はるる/赤座閑山

草刈女浦島草に鎌当てず/菊池月日子

草刈女橘寺を抜けてゆく/大峯あきら

厩のこし草刈盆はすたれけり/下田稔

古墳窟出て草刈の貌に遇ふ/岸原清行

草刈の藍の中より野菊かな/夏目漱石

秣草刈る野を横さまに時鳥/井上井月

山蟻とたたかふ小兵草刈夫/堀口星眠

草刈りし裸の畦も露ありぬ/大熊輝一

草刈る母林の羊歯の水踏んで/中拓夫

俳句例:61句目~

草刈の帯の赤きも卯月かな/野村喜舟

山藤や草刈り鎌に弁当結ひ/宮坂静生

草刈つて法念堂を上にせり/斉藤夏風

朝焼の汀艇庫より草刈られ/石川桂郎

草刈って法然堂を上にせり/斉藤夏風

草刈の休めば草に溺れけり/丸茂和志

草刈のこころに眠る田水光/飯田龍太

草刈るや萩に沈める紺法被/杉田久女

水牛を山に追ひ上げ草刈女/関森勝夫

草刈や蕗の葉もりの蔓いちご/ぶん村

草刈の音のしている霧の中/折上泉情

消えのこる月と青春草刈女/木下夕爾

草刈の鎌にこぼるゝ野菊哉/寺田寅彦

花桐に草刈籠や置きはなし/飯田蛇笏

火の山を鋭鎌で指して草刈女/長田等

草刈つて蟹の横ぎる盆の道/沢木欣一

草刈つて草の匂の夜となる/櫻内玲子

牛久沼を草刈船がわたるのみ/秋櫻子

現れて二人づつなり草刈女/高野素十

草刈れと昼寝の童起さるる/木村蕪城

俳句例:81句目~

草刈の達者を過ぎて北狄/佐々木六戈

盆が過ぐ母さくさくと下草刈/中拓夫

草刈女お岩木仰ぎ腰伸ばす/高澤良一

草刈の浸し砥石に田螺付く/太田土男

野分雲湧けど草刈る山平ラ/飯田蛇笏

草刈るや小雀の杜は深からず/及川貞

草刈の籃の中より野菊かな/夏目漱石

夕空を映すまで草刈鎌を砥ぐ/長沼紫紅

大雷雨巨樹にはりつき草刈女/西山泊雲

屈斜路湖の草刈つてきし大男/斉藤夏風

山彦のしばらくありて草刈男/西山泊雲

常の日は草刈る島の能楽師/平井あい子

後継ぎの肩巾広く藺草刈る/楢木千枝子

応ふるに草刈鎌を以つてせり/綾部仁喜

摘んで来し花を子にやり草刈女/大串章

新涼の乳をふくむ児と草刈女/飯田蛇笏

新鮮なさすらいに似て草刈り場/佃悦夫

孔子廟裏にをみなら草刈れる/田村了咲

朝の瀬へ盆道の草刈りこぼす/佐野美智

朝焼雲や土手に並べる草刈女/西山泊雲

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ