季語/西鶴忌(さいかくき)を使った俳句

「西鶴忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「西鶴忌」について

【表記】西鶴忌

【読み方】さいかくき

【ローマ字読み】saikakuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

西鶴忌を含む俳句例

荒振りに番傘ひらく西鶴忌/保津操

今の世も男と女西鶴忌/三宅清三郎

一万句一夜の露の西鶴忌/山口青邨

上六で道聞かれゐる西鶴忌/角光雄

角帯の芯の疲れや西鶴忌/野村親二

人妻の匂へる夜や西鶴忌/河野南畦

俳諧につぐ闘菊や西鶴忌/飯田蛇笏

蒲焼の串の焦げめや西鶴忌/龍岡晋

響灘波立てれども西鶴忌/橋本鶏二

中年に旅の花火や西鶴忌/角川春樹

口中に鬼灯哭かす西鶴忌/寺井谷子

心算といふ字面白西鶴忌/高澤良一

鏡台に溜まる剃の刃西鶴忌/檜紀代

電卓の数字の点滅西鶴忌/浦野芙美

行水に咄すをきけば西鶴忌/松瀬青々

たこ焼のたこ大粒に西鶴忌/大森理恵

もののふの東にをりて西鶴忌/森澄雄

色街に住んで堅気や西鶴忌/安村章三

曾根崎に白き鳥翔つ西鶴忌/いさ桜子

町住の暑さもすでに西鶴忌/後藤夜半

俳句例:21句目~

世も末の十日の月や西鶴忌/川崎展宏

偽りも嘘もまことや西鶴忌/石山佇牛

友禅の下絵を案ず西鶴忌/文挾夫佐恵

あきうどの弟ひとり西鶴忌/西本一都

商人の家業は継がず西鶴忌/鈴木貞雄

曾根崎の女将も侍り西鶴忌/中村芳子

浪華はや昔とゞめず西鶴忌/馬場木陽

好色を卑しとはせず西鶴忌/下村梅子

海に脛あづけ西鶴忌の夫婦/熊谷愛子

灯の入りし浪花新地や西鶴忌/沖鴎潮

西鶴忌友は市井に雲がくれ/瀧井孝作

新宿に会ふは別るる西鶴忌/石川桂郎

新走舐めて西鶴忌なりけり/柴田孤岩

西鶴忌女の哀れ今もなほ/大場美夜子

西鶴忌浪花の蘆も穂に出でぬ/安住敦

遊び心欲しきわが詩西鶴忌/伊東宏晃

道中の側女もはべり西鶴忌/飯田蛇笏

いり豆の燠を裏戸に西鶴忌/古舘曹人

陋巷の夜雨に濡れぬ西鶴忌/西村和子

西鶴忌人に疲れて帰り来る/石川桂郎

俳句例:41句目~

西鶴忌たひらに眠る赤ん坊/小林貴子

西鶴の忌を数日ののちにして/黒田杏子

西鶴忌おどろ吹かるる大柳/鈴木真砂女

西鶴忌のちの俳諧たよりなし/清水基吉

上方のくらしに染まず西鶴忌/下村梅子

大嫌ひなる西鶴の忌なりけり/細川加賀

西鶴忌街あれば河にごりけり/土居伸哉

西鶴忌障子を貼つて独り者/鈴木真砂女

辣韮をつまみそこねし西鶴忌/榎本好宏

好きものの心われにも西鶴忌/矢野蓬矢

朝顔に格子みがかれ西鶴忌/加藤かけい

鉄屑に蚊のわく声や西鶴忌/榎本冬一郎

鉈籠にあけびを挿せり西鶴忌/吉田紫乃

まだ鳴かぬ鈴虫そだて西鶴忌/鳴瀬芳子

灯のなかに夕映落ちる西鶴忌/岡井省二

羽まくら叩き西鶴忌と気づく/長崎玲子

色町に住みて利ざとく西鶴忌/鈴木春泉

かまつかのいよいよ赤し西鶴忌/村山古郷

耳飾るをとこのしなや西鶴忌/山上樹実雄

おとろえを見せぬ暑さや西鶴忌/波切虹洋

俳句例:61句目~

二人の一人湖へかたむく西鶴忌/栗林千津

ビルの間に火星を挟む西鶴忌/佐野まもる

花茣蓙に寝て西鶴の忌なりけり/池田秀水

やうやくに暑のをさまりし西鶴忌/森澄雄

妻に宛てしむかしの手紙西鶴忌/茂野六花

葡萄酒の赤をふくめば西鶴忌/すずき波浪

蛾を入れて一夜の明くる西鶴忌/大森理恵

西鶴忌いくとせ羽織はおらざる/石川桂郎

あとつぎもなく句に遊び西鶴忌/田畑美穂女

この尼の過去ははなやか西鶴忌/田上多歌史

客待ちのまた門辺掃く西鶴忌/鍵和田ゆう子

西鶴忌きつねうどんに揚げ一まい/土生重次

西鶴忌ふとんでこぼこしてゐたり/小島千架子

へうたんの括れてへうげ西鶴忌/長谷川久々子

竹の屁をちぇちぇくり聞くや西鶴忌/加藤郁乎

西鶴忌うき世の月のひかりかな/久保田万太郎

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ